超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カツ丼へのリビドー?

あるとき、突然、カツ丼への欲望がふつふつと芽生えるときがあります。
それも、そば屋のあまりいい肉を使っていない、味の濃いやつです。
場末の化粧の濃い年増みたいなやつ、といったら語弊があるでしょうか。

その欲望のために、神保町から雪が舞う中をフラフラ歩いて、
なんのことはないごく普通のそば屋にこれまたフラフラと入りました。
そばとのセットで750円。そば屋にしてはこれは安いほう。
勤め人時代、本郷のそば屋のカツ丼は単品で1000円でした。大したことないのに結構高い。
1000円出せば、もっといいものが食べられるのに……。

何が私にそうさせるのでしょうか。
気づいたら、そのそば屋の場所は水道橋の駅まで5分という位置でした。相当歩いてます。
自分の行動の意味がよくわからないのですが、カツ丼を食ったということにとりあえず満足。

ささやかな欲望を満たした一日でした。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-13 21:07 | 日常
<< タッチアップ 花粉は飛んでいるか >>