超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人生いろいろであります

神保町の版元で打ち合わせの後、三省堂本店を久々にのぞきました。
いちおう、私はビジネス書の編集者なので、ビジネスのフロアで売れ筋を物色。金融・株式のジャンルの売れ行き良好書などを見ていると、一位は株で失敗して復活した人の本。「けっ、くだらねえ」とか呟きながらスルーしようしたとたん「ややっ!」と足が止まりました。大学のサークルの1年先輩の本だったのであります(写真はサービスで載せちゃう)。
f0081089_22141726.jpg先輩といっても同い年。私が一浪、むこうは現役という情けない関係ですが、死ぬまで「さん」付けと呼び捨ての関係は続きます。ということはどうでもいいのですが、この本を見たとたん、いろいろと記憶がよみがえりました。

どうも彼は、投資アドバイザー的な仕事を立ち上げたらしいのであります。
それも私にとっては超意外。

学生時代はどちらかというと学究肌崩れで、はじめは弁護士志望。中島みゆきと山口百恵をこよなく愛する小樽出身のセンチな兄ちゃんでした。奥さんはサークルの一年後輩(つまり私の同期)で、子どもは4人。業界紙に就職した後、夕刊紙に転じ、ちょっと斜に構えたジャーナリズムの世界でまっとうするものだと思い込んでいたからなんですね。知っていたのはその辺まで。

ところが本を読んでみると、記者時代に株にのめりこみ、自宅のマンション(それも奥さんの親の援助で買ったものを!)まで売り払って資金をつくり、ドツボにはまったということなのです。やるなあ、先輩。

ま、そこまで地獄を見て復活したからこそ、そういう仕事を始めようとしたのでしょうが、正直、「あんた、そういうタイプだったんだ」と思った次第。虫も殺さないようなやさしい顔して、すごいばくち打ちだったというわけ。株じゃなくて人生のね。

事業には成功してもらいたいと心から思ってます。それで、もう一発なんかかませば、私の手でもっと売れる本をつくってさしあげますよ(って、ほんとか?)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-08-12 22:24 | 日常
<< お盆です ベイスターズよ、オレのことは気... >>