超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ラグビーシーズン

自分にとっては野球のシーズンはもうおしまい。もう、気持ちは切り替えて、来年の構想に入っているところです(オーナー気取り)。

それはさておき、いま、『ラグビー・ロマン』(後藤正治・岩波新書)という同志社大の名将、岡仁詩監督の本を読んでいるところです。もう、ラグビー場には20年近く足を運んでいないのですが、今年こそは秩父宮に行こうという気持ちがふつふつと湧いてきました。気がつけば、もう大学も社会人も公式戦が始まっているんですね。

ラグビー好きではあるのですが、見る機会が少ないせいか、細かなルールを説明できるほどはわかっていない。この点、実に自分としては不本意なのですが、このスポーツもテレビと生とでは迫力が全然違います。

昔、観客席のない大学のグラウンドでの試合で、至近距離(3メートル先くらい)で湯気の出るようなスクラムを見たことがあります。すごいですよ。8人対8人が息を合わせて組む瞬間はちょっと迫力もの。FWの平均体重80キロとして、640キロ同士のぶつかり合いです。牛のような息づかいが聞こえます。

サイドライン沿いギリギリのところで見ているので、逆サイドでモールやラックになると、よく見えない。すると、みんなうっかりグラウンドの中に一歩二歩と入ってしまうんですね。タッチジャッジもそばにいるのですが、別に注意されませんでした。こちら側にきたら、みんな邪魔しないことがわかっているからでしょう。この辺は実に牧歌的で、紳士のスポーツらしく信頼感にあふれているのであります(関東一部の試合だったんですけどね)。

そういえば、今年の春、前述の本にも登場する慶大の松永監督(同大対慶大の大学選手権決勝で、「涙のスローフォワード」といわれたパスを放った伝説の名選手)に仕事で取材させてもらいました、やっぱり今年は行かなくちゃ、というところです。

真冬にワンカップ仕入れてからラグビー場に行くのも、なかなか悪くないですよ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-10-08 18:28 | 季節
<< 日の高いうちから…… 秋風 >>