超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


それでいいのか?

先日、はじめて介護老人保健施設(老健施設)というところに足を踏み入れました。

実は少し前にひとり暮らしの義母が脳梗塞で倒れて入院していたのですが、症状が安定したためここに引っ越したというわけ。半身の麻痺が残っているため、まだひとりで動けず、身の回りのこともままなりません。

介護関係のことは不案内なためちょっと調べてみたら、回復順に、病院→リハビリ病院→老健施設→自宅あるいは老人ホーム、というのがひとつのパターンらしいのですが、リハビリ病院は満員御礼で入れず、この4月に開所したばかりの真新しい施設にとりあえず入ることになりました。この老健施設というものは、自宅に戻るためのリハビリを主眼とし、ずっと住み続ける場所ではないそうです。

顔を出すと、ちょうどこれからリハビリの時間だというので、その様子を眺めていました。ピカピカのリハビリルームでなかなかいいじゃないかと思っていると、理学療法士の女性が「週2回だから……」といっている声が聞こえます。

えっ、週2回? 改めて尋ねてみると、施設を立ち上げたばかりで職員数が少なく法規制ギリギリの週2回しかできないとのこと。申し訳なさそうに答えるその人を責めるわけにもいかず、それでも釈然としない気持ちが残りました。

休み時間を入れて30分弱のリハビリを週2回やって、どれだけ回復するのでしょうか。義母に聞いてみると、病院では土日を除いて、週5回行なっていたそうです。本来、リハビリってそういうものですよね。
それに身の回りの世話をしてもらうという目的があるにせよ、リハビリによって身体機能を回復させるために施設に入所しているのだから、いくら法はクリアしているとはいえ、どうも納得がいきません。

ただ、施設を見つけるのも容易ではなく、「じゃ、よそに行きます」というわけにもいかないのが現実であります。私が手配しているわけでもありませんしね。むずかしい問題です。

あまり考えたくないけど、家族を含めたマンパワーの問題とお金の問題というのは、最後の最後までついてくるのだなと今回改めて思った次第。別にめずらしいケースではないのですが、自分を含めて家族が老いたり病んだりするということは、やはりいろいろと大変なのだなとアホのように実感するのみなのであります。
[PR]
by bay-hamakujira | 2007-05-13 18:11 | 日常
<< 上値抵抗線 青春の影 >>