超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


なんでかね

先週の木曜日、久々に週刊文春と週刊新潮をダブルで買いました。
いつもは文春しか買わないのですが、ちょっと気になることがあって、目次の見比べをしてみたのであります。

それはズバリ「コムスン」問題。
文春は、週刊誌らしくオーソドックスにボロカスに書いてます。当然です。
対してライバルの新潮はというと、本来、文春よりもきついスタンスと認識していたのですが……。

その関連の記事は一切なし。ゼロ。影も形もなし。ナッシング。

やっぱりね。

なぜかというと、週刊新潮は数年間にわたって、コムスンとのタイアップ記事を毎週載せていたんですね。
いや、それが悪いというのではありません。別に悪事の片棒をかついでいたわけでもないし、おそらく優良クライアントだったのでしょう。ま、週刊新潮の編集部も、コムスン報道を載せられないのは歯がみする気持ちだろうと思います。だけど「商売」には違いありませんし、さしあたっては「仁義」も必要です。

その長年続いた連載。常に見開き記事の左側にあったコムスンの広告は、新潮新書の広告(つまり、一銭も入らない自社広告)に差し替えられ、記事の末尾にはひっそりと「(了)」と記されていました。つまり、連載終了。

ちょっと気になるのは、何年も連載を続けてきたライターやカメラマンがもしフリーの人だったら、これはきついなということ(なぜか自分の身に置き換えてる)。大部分が地方取材だから手間もかかるし、一人でやっているかどうかはわからないけど、毎週の仕事ですからね。

もちろん大手広告代理店も大打撃でしょう。あれだけ打っていたテレビCMがゼロになったんですから。おまけに、別の介護関係の会社のCMがPRから意見広告に変わったりして、その舞台裏はおそらくすごいことになっているのでしょう。

やっぱり大企業の不祥事というのは、報道されているメインの問題以外にも、かほどにいろいろなところに悪影響を及ぼすことを改めて感じます。しかし、なんでかね。
どうもこの事件、構図がわかりやすすぎて、どうしても浅薄な感が否めないのであります。ま、週刊誌報道も相変わらずステレオタイプですけどね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2007-06-18 22:38 | 日常
<< こういう試合だったら 不謹慎なデブ話 >>