超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シャッター街になる本当の理由

マクロ経済の指標がちょっと上向きになろうが、スタグフレーションの恐ろしい足音が聞こえようが、実は世の中の経済情勢にまったく関係なく、わが町の商店街は着実に崩壊が進行しています。

大企業以外は不景気だから、大型店に対抗できないから……、零細小売店のダメな理由はいろいろあげられています。もちろん、それもあるでしょう。
けれど最近は、店を出す側にも相応の覚悟がない、本気じゃない、知恵もないんじゃない? という気持ちになってきたのです。経済情勢や政策の問題じゃなくてね。

1年ほど前、駅前の空き店舗に「つけ麺屋」が開店しました。今度、機会があったらいってみようと思い、あるとき通りかかると「研修のため本日休業させていただきます」との貼り紙。開店したばかりで休んでちゃあダメだろうと思いました。
数日後、また貼り紙。「スープの出来に納得がいかないため、提供できません」(えらそうに)
別の日には「麺が入荷しなかったためお休みです」(そんなことあるか?)
そして、「店主、病気のため、しばらくお休みをいただきます」
あらららら。もうダメだね、と思っていたら案の定、不動産屋の「貸店舗」の看板。
結局、この店に客が入って(営業して)いるのを見たのは、ほんの数回でした。
なんか、考え違いしてますよね。

数か月前に店をたたんだ布団屋のシャッターに貧相な貼り紙。あんまりな内容なんで、文章覚えちゃった。

「洋品店3月1日開店。パートさん募集。普段着からおしゃれ着まで。(携帯○○まで)」

すごいコピーでしょ。
まず「洋品店」というのは、間違いじゃないけど、昭和30年代か、という感じ。
そして「普段着からおしゃれ着まで」という大胆な発想は、現代のマーケティングのセオリーを完全に無視。その立ち位置が許される(?)イオンやヨーカドーじゃないんだから。
だいたい「普段着」とか「おしゃれ着」と表現するセンスもどうかと思います。それに連絡先は個人の携帯電話だけだし……。
こんなことで本当に開店にこぎ着けることができるのか、はなはだ疑問。

儲かるのは、店子が次々と替わる不動産屋だけです。

商売をなめちゃいけません。

以上、クレヨンしんちゃん市からお伝えしました。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-02-09 15:02 | 日常
<< オヂサンにはすぐ野球にたとえて... ともだち >>