超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


問題解決の技法

【事例その1=日本人的結論の先送り】
原稿の遅れによって、突如ヒマになったワタクシ、この休みのうちにデジカメデータがPCにコピーできなくなった問題を解決すべくちょっと試行錯誤してみたのですが、症状は悪化の一途を辿っている様子。

コピーできないどころか、データを認識しなくなってしまったのでございます。ここで、それ以上何かしようとすると、どうも取り返しのつかないことになりそうなので、またしても中断。頭を冷やして、打開策は後日考えましょ、ということにいたしました。
したがって、当分写真ナシの記事が続きます。

【事例その2=強行突破による明確な失敗】
ある日の昼、何か麺類でも食うかと思って台所をあさると、「讃岐うどん」の乾麺がありました。
冷蔵庫には、揚げ玉の残りと冷凍した油揚げがあったため、早速、わかめを戻して、「月見わかめたぬききつねうどん」をつくります。

ところが、材料を揃えて麺を茹でようとすると、何かおかしい。
よく見てみると、それは「讃岐うどん」ではなく「讃岐そうめん」だったのでございます。「讃岐」イコール「うどん」という先入観が招いた失敗事例です。

このケースでは、強引にうどんと同じようにつくってみたのですが、明らかに失敗(食べられるけど)。非常に妙な食感だったのでございました。

【事例その3=発想の転換によりなんとか成功】
1週間前の昼、昼飯は何にしようかと冷蔵庫をあさっていると(こればっか)、冷凍室に鶏の笹身がありました。

「そうだ、今シーズン最後の冷やし中華にしよう!」
ワタクシの小さな脳みそが、すばらしい指令を出します。
早めに笹身を解凍し、近所のスーパーまで麺を買い出しに……。

ところが、ない! 麺がない! 別の店に行っても、やっぱりない!

9月も半ばになると、いくら暑い日でも冷やし中華の麺は売っていないのです。それを47歳11か月にして初めて知りました。

さて、解凍してしまった笹身はどうすればいいのか……。

それまで、冷やし中華の代替品になる麺を物色していたのですが(すごい執着)、中華麺を買ったとしても、たれ(スープ)づくりの自信はありません。
麺売場で茫然とたたずむワタクシに出た指令は、「鶏そばにすればいいじゃん」。

熱い醤油ラーメンに茹でた笹身をちらしてのせれば、鶏そばの完成です。幸い、冷蔵庫には使い残りのもやしもあります。さっと塩こしょうで炒めてトッピング。ついでにゆで卵もプラスして、今回はバッチリでした。


てな、間抜けな日常を送っているうちに、9月も大詰め。なんだかねえ、と言っているうちに、秋は暮れていくのでございます。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-24 16:45 | 日常
<< ダンボの耳 がんばれ広島カープ!(これホント) >>