超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:季節( 49 )

区切りの季節

本日をもって、濱鯨家における「憲法上の教育の義務」はすべて終了しました。

いちおう「中学までは育てたよ」ということになるわけですが、「あとは知らない」というわけにもいかず、実はそれほどの感慨もなかったりします。
考えてみれば、けっこうな歳月を費やし、人並みの消耗もしているわけですが、まだ、単なるひと区切りっす。さてさて、これからどうなることやら(まるで他人事)。

しかし、寒さ復活のタイミングで、ストーブなしの体育館にはまいりました。
なお、卒業式についての疑問点につきましては、また別項で。
[PR]
by bay-hamakujira | 2007-03-15 23:02 | 季節

2月は逃げて、狂い咲き

2月らしくない陽気だからなおさらなのか、今年のヤツの逃げ足は例年になく早かったような気がいたします。
ところでこの方のブログを拝見し、まさかと思い現場検証に行ってまいりました。
f0081089_20174611.jpg
上野公園の桜です。あらまあ、疑うわけじゃありませんが、ホントに咲いてる。花見の予定は1か月繰り上げですよ幹事さん、という感じ(洒落じゃないっす)。こいつらも暖かそうです。
f0081089_20213134.jpg
そのあとは、お仕事、オシゴト……例の制服系の取材っす。ワクワク。しかし、着いたところは、あれっ?f0081089_20274333.jpg思っていたのと何か違います。こんなとこでした。うーむ、たしかに制服系です。まいった。国家機密がらみですから、写真もコッソリというスタンス。あんまり脚色してブログに掲載しないようにという編集部の厳命もありますんで、今日はこのくらいで。
[PR]
by bay-hamakujira | 2007-03-01 20:35 | 季節

巫女さん

今日は、駅伝を見てから地元の神社に初詣。
実は、ただお参りに行ったわけではなく、高校生の娘の巫女さんバイトの様子をうかがいに行ったのであります。

はじめてのアルバイト。そのうえ、ちょっと変わった仕事なので、緊張している様子が見てとれました。おまけにあの衣装ですから、傍から観察しているとなかなか興味深いのですが、帰ってきてからは「疲れた! 大変だった!」の連発。だけど、働くことのきびしさを実感したようで、いい経験だったのだと思います。

思えば、十年ちょっと前に七五三詣をした神社。そこでバイトとはいえ、巫女さんをやっているのですから、オヤジとしてはなかなか感慨深いものがございました。
[PR]
by bay-hamakujira | 2007-01-02 23:08 | 季節

フォークボール

f0081089_13384639.jpgゆずさん、ごめんなさい。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-12-23 13:39 | 季節

箱根駅伝

タイトルを見て「なにを気の早い」と、おっしゃるあなた。ちょっとカレンダーをご覧ください。
箱根駅伝のスタートまで、あと2週間を切りました。もう、そんな季節なんですよ。

実は、箱根のことを思い出したのは『強奪 箱根駅伝』(安東能明・新潮文庫)というミステリーを読んだからなのですが、あまり期待していなかったものの、意外に面白く読めました。
というのは、仕掛けもさることながら、なんとなく見知った風景が浮かんでくる、つまり、つくりごとでも自分にとって臨場感が出てくるからなんですね。

ここで気づいたのは、毎年ついつい箱根駅伝を見てしまう理由は「だいたい知ってるところ」がコースだから、ということ。なるほど、元日の実業団駅伝(群馬)を熱心に見たおぼえがありません。スポーツ番組としてスポーツ番組を見ていないというのは、われながら驚きです。

ちなみに、ここ十数年変わらない正月の私のグウタラ行動を振り返ると……。

元日…実業団駅伝+サッカー天皇杯決勝(テレビはついているが、酔っ払っていて内容を覚えていない)
2日…箱根駅伝往路+ラグビー大学選手権準決勝(酔っ払っているが、けっこうしっかり見ている)
3日…箱根駅伝復路(+仕事だったりして、悲)

まっ、その前にやることいろいろあります。いまは、まだ暮れですもんね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-12-19 19:39 | 季節

晩秋

f0081089_11431225.jpg
昨日、出張先の金沢から戻りました。紅葉のグラデーションが沁みましたね。中田屋のきんつばも美味でございました(風待ちさん、情報感謝です)。

とはいえ、どうもいろいろはまりまくっておりまして、ゆとりのない濱鯨です。レポートはまた後日(最近、こういうパターンが多いな)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-11-23 11:52 | 季節

冬の匂い

気がつけば、もう10月も3分の2が終わりました。
いろいろやばいなぁと思っていたら、今日初めて灯油売りの声。
気温は高いものの鈍色の曇り空だし、なんとなくゆううつな冬の気配。
どうもいけません。

ところで、「冬」を感じる匂い、私の場合はこの灯油なんですね。
どうも冬眠したくなります。
ガソリンを嗅いでも、シンナーを嗅いでも(嗅がないって)冬は感じられません。
ま、当たり前の話ではあります。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-10-20 16:10 | 季節

ラグビーシーズン

自分にとっては野球のシーズンはもうおしまい。もう、気持ちは切り替えて、来年の構想に入っているところです(オーナー気取り)。

それはさておき、いま、『ラグビー・ロマン』(後藤正治・岩波新書)という同志社大の名将、岡仁詩監督の本を読んでいるところです。もう、ラグビー場には20年近く足を運んでいないのですが、今年こそは秩父宮に行こうという気持ちがふつふつと湧いてきました。気がつけば、もう大学も社会人も公式戦が始まっているんですね。

ラグビー好きではあるのですが、見る機会が少ないせいか、細かなルールを説明できるほどはわかっていない。この点、実に自分としては不本意なのですが、このスポーツもテレビと生とでは迫力が全然違います。

昔、観客席のない大学のグラウンドでの試合で、至近距離(3メートル先くらい)で湯気の出るようなスクラムを見たことがあります。すごいですよ。8人対8人が息を合わせて組む瞬間はちょっと迫力もの。FWの平均体重80キロとして、640キロ同士のぶつかり合いです。牛のような息づかいが聞こえます。

サイドライン沿いギリギリのところで見ているので、逆サイドでモールやラックになると、よく見えない。すると、みんなうっかりグラウンドの中に一歩二歩と入ってしまうんですね。タッチジャッジもそばにいるのですが、別に注意されませんでした。こちら側にきたら、みんな邪魔しないことがわかっているからでしょう。この辺は実に牧歌的で、紳士のスポーツらしく信頼感にあふれているのであります(関東一部の試合だったんですけどね)。

そういえば、今年の春、前述の本にも登場する慶大の松永監督(同大対慶大の大学選手権決勝で、「涙のスローフォワード」といわれたパスを放った伝説の名選手)に仕事で取材させてもらいました、やっぱり今年は行かなくちゃ、というところです。

真冬にワンカップ仕入れてからラグビー場に行くのも、なかなか悪くないですよ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-10-08 18:28 | 季節

健康診断

来週は年1回の健康診断があります。

そろそろ、なんかやばい数値が出てきそうだとひそかにビビっているここ数年ですが、運動不足でも、アルコール依存症気味でも、なぜか数値には出てきません。そうとう不健康なのに、なぜか成績はオールA(問題なし)なのであります。たいへんありがたいことです。

サラリーマン時代も健診はこの季節にありましたが、結果が戻ってくると、酒飲みオジサンたちは病気自慢ならぬ検査値自慢に花を咲かせていました。変な会社です。
「γGTPが200を超えた」とか「尿酸値がいくつだ」とか、しょうもないことを大声で話しているオジサンがけっこういました。私がγGTPは30くらいとか言うと、なぜかブーイング。「おまえは修行が足りない」みたいなことを言う人さえいました。いやはや……。

この集団健診、バリウムを飲む以外はとりたててイヤな検査はないのですが、問題はたまに採血に新人看護師を送り込んでくるケース。
おそらく、一度に採血を何十人も連続でやらせて「スキルアップ」を図る目的なのでしょうが、こちらとしてはたまったもんじゃありません。早くやってくれと思っているのに、手際が悪く、けっこう失敗(つまりやり直し)もするんだよね。

「あれ?」とか「すみません…」なんて声を聞くと、順番を待っているほうにも緊張感がにわかに走り、妙に場が静まったりする。こうなると、男どもは総じて無口になったりするわけであります。どうも、オジサンはこの手のことに弱いのですね(私だけじゃないですよ)。

そういえば、昔、歯医者で親知らずがなかなかうまく抜けず、1時間ほど難航したことがあったのですが、このとき歯医者の独り言「あれ、おかしいな、なんでかな」というのには参りました。不安感1000%ですよ。

それに比べれば採血くらいと思うんですが、やっぱり練習台にはなりたくないなあ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-09-23 23:17 | 季節

ある日、私の身体を通り過ぎた水分

朝……牛乳1杯、麦茶2杯
取材の待ち合わせ前……アイスコーヒー1杯
取材先その1……アイスコーヒー1杯
昼食……番茶1杯
時間調整の喫茶店……アイスティー1杯
取材先その2……アイスコーヒー1杯
打ち合わせ先のデザイン事務所……冷たいお茶1杯
某所のレストラン(飲み屋)……中生3杯、赤ワインわからんくらい、仕上げの中生1杯

もう、ガボガボ。だけど、ほとんど汗。
よくないっすね。こういう生活(とくに最後が)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-08-19 17:08 | 季節