超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:太田裕美( 6 )

晩夏

なんとなく秋の気配でございます。



という気分?
あるいは、



という感じ?

いや、みなさん若い!

なんて、人ごとじゃないんだけど……。


ノスタルジーにひたってばかりではいけませんな(笑)。
さ、明日も頑張ろう、なんてね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-08-26 23:49 | 太田裕美

続・木綿のハンカチーフ



以前、この記事で木綿のハンカチーフについて論じたところでございますが、一部誤りがございました。

恋人よ 君は素顔で くち紅もつけないままか はアルバムバージョン(心が風邪をひいた日)でして、

恋人よ いまも素顔で くち紅もつけないままか が、その後アレンジを派手めにしたシングルバージョンでございました。

てなことは、世の中のほとんど人には関係ないことでして、まあどうでもいいのですが、いちおう訂正まで(笑)。



上の動画がアルバムバージョン(これしかなかった)、下の動画がシングルバージョン(こちらはどうも音声と画像のスピードがずれるみたい)。

★濱鯨のひとりごと★
花粉症の影響で、昨日、今日と原稿書きがいっこうに進みません。薬を飲んでいないのに、眠気と頭痛が襲ってまいります。もしかすると、花粉症ではなく、仕事したくない病かもしれません。そういえば、WBCの中継があるときも……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-03-22 16:17 | 太田裕美

ついに買ってしまいました

f0081089_1716098.jpg出張から戻ると、こんなものが届いていました。

ついに届いたか……。
感無量っす(おおげさ)。

昨年の春、太田裕美35周年記念のCDBOXが出ると聞いてだいぶ心が揺れ動いたのですが、完全予約注文生産のため、うっかり期限を忘れてしまい、悔しい思いをしたワタクシでございました。

もっとも、自分にとっては結構なお値段なので、情けないことに躊躇したというのも事実。

だけど、もう買えないと思うと、その価値以上に欲しくなるものなのでございます。まぁ、マーケティングの基本ですね。

ところが、昨年秋から「アンコールプレスの要望にお応えして」という感じで、再度予約をとりはじめました。

揺れ動くオジサン心。

LPは何枚も持っているのですが、CDはベスト盤のみ。レコードプレーヤーはとうの昔になくなり、メジャーな曲しか聴くことができません。

「このままでは、太田裕美ファンを名乗り続けることはできない」

と、大義名分が頭に浮かんだワタクシは、何度かためらいながらも、清水の舞台から飛び降りるような心境で「予約」のボタンをクリックしてしまったのです。
f0081089_17281617.jpg

これですがな、旦那。

全部で25枚。これで「木綿」や「失恋魔術師」のシングルヴァージョンとアルバムヴァージョンの聴き比べも可能です(って、入り込みすぎだね)。

ただ、購入の「決裁」をしたのはワタクシですが、家庭内でどう「決済」するかがちょっとモンダイだったりして(笑)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-02-22 17:39 | 太田裕美

木綿のハンカチーフ

f0081089_1141028.jpg原稿を書かなければいけないのですが、どうも気分がぐずぐずとしています。
普段はBGMなしで仕事をしているのですが、どうも気合いが入らない。

そこで、独り家の中、いきなり太田裕美の「木綿のハンカチーフ」を聞きたくなり(変?)、CDではなくYou Tubeで検索。すると、「木綿」のシングルバージョンをアップしている人がいました。持っているCDはアルバムのものなので、アレンジや歌い方が微妙に違います。

3番にさしかかり、

恋人よ 君は素顔で くち紅もつけないままか

あれ? 妙な違和感。

そう、歌詞が違うのです。

現在流布されている「木綿」は

恋人よ いまも素顔で くち紅もつけないままか

なのでございます。

編集者的には(えらそうだね)、「いまも」のほうが文脈からいって自然なのですが、「君は」のほうが彼女への思い入れがよりいっそう引き立つ(?)ような気がするのであります。

ま、それがどうした、って話ですが、ちょっとこだわってみたりして……。

だけど、大ヒット曲なのにどうして途中で詞を変えたのでしょうね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-04-25 21:38 | 太田裕美

今日、何曜日だっけ?

ふう、なんだかここのところ、曜日の感覚がありません。日めくりが一週間とか十日単位ではがれていくような気がします。

気がつけば、わが身は(みなさんもそうでしょうが)11月にどっぷりはまっていて、「あれ? 肌寒いぞ」と、鼻をたらしながら重ね着をして暖をとる、みたいな、この文章同様、脈絡のない生活なのでございます。

とはいえ、そんなに働いているのかといえば、そーでもない。ここのところ、きちんと(?)毎週1回は外で飲んでるし、家にいても規則正しく晩酌しているし、そこだけ生活の軸があるのですよ。

そういえば(何がそういえばなんだろ)、学園祭の季節もそろそろ終わり。学生時代は、それが過ぎるとなんかがっくり寂しくなったものでございます。太田裕美の「Good-bye シーズン」という曲があるんですが、その曲をしみじみ思い出したりします。

今年も空が高い 学園祭の季節さ
君を 夢を 失くした季節さ
くにへ帰ると聞いた 図書館脇のひだまり
君はどんな名前になったの……


あれ? うろ覚えどころか、1コーラス目の前半しか覚えていませんでした。
実は、LPは押入のどこかに入ってるんですがプレーヤーがなく、この曲の入っているCDは持っていないので、おそらく10年以上耳にしていないのです。
だけど、なぜかこの季節にはこの曲が頭に浮かぶ。おそらく、81年頃のリリースで、私自身、大学のキャンパスをウロウロしていた頃ですから、実際に自分が経験したことでもないのに、妙にオーバーラップするんですね。曲があのころの風景に。

ま、その頃も私は鼻をたらしてキャンパスを歩いていたわけで、実際にはぜんぜん美しくないし、詩的でもないのでございました。学園祭といっても、いま思えば自己満足の世界で、やっているやつだけが楽しいバカ騒ぎだったのですね。人生にはそんなムダな時期があってもいいのでしょう。

そういえば(二度目)、太田裕美も学園祭の女王といわれていましたが、私が学園祭で見た記憶があるのが、石川優子。生協で会員証を見せると先着順でチケットをくれたのですが、そのときはあまり盛り上がらず気の毒でした。山下久美子が来た年は、人気絶頂の頃。そのせいか、チケットが入手できず残念。別の年には、上田知華と学内の裏道ですれちがって驚いたりして。
なんとも、やっぱり時代であります。悪くないけどね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2007-11-06 22:15 | 太田裕美

19歳の彼女と51歳の彼女

うーむ。
テレビをつけたら太田裕美が「木綿のハンカチーフ」を歌っていました。
リアルタイムであります。
数日前、深夜のNHKアーカイブズで「ステージ101」という番組の最終回(74年3月放送)をやっていたのですが、そこに出てきた太田裕美は、愛くるしく、まるまるとしていました。まだ、ハイティーンの頃です。
テレビを見ている分には、32年の歳月をほんの数日の間に越えてしまったというわけです。
うーむ。
私が高校生のとき、日本橋三越の屋上で太田裕美のサイン会がありました。
私は別にどうでもよかったのですが、蒲田のアライ君というクラスメートに執拗に誘われて、ついていってあげたことがあります。
レコードを買うとサインしてくれるというので、LPは高くて買えず『失恋魔術師』(たしか拓郎の曲)のシングルを買って握手してもらったおぼえがあります。
17歳ぐらいのガキが22歳くらいのアイドルのおねーさんの手を握れるのだから、考えてみればこれはすごいことです。
うーむ。
そういえば、よく行く近所のスーパーのBGM(有線でしょうが)はいつも70年代歌謡なのですが、このあいだ買い物を終えてレジに行こうとしたら『失恋魔術師』のイントロが流れてくるので、ついつい意味もなく、もう一度売場を一回りしてしまいました。
うーむ。

明日はもっと前向きにがんばりたいと思います。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-04-04 22:40 | 太田裕美