超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

年度末

f0081089_1847253.jpg

ふと気がつくと3月も終わり。年度末で、忙しくしていらっしゃるみなさんも多いかと存じます。

濱鯨編集工房は暦年決算ですからあまり関係ないのですが、3月末にFAした関係で、毎年この時期になると「もう何年かぁ」と考えます。

明日から7年目に突入。
どうもダラダラと6年間すごしてきたため、とくに感慨もないのですが、たまには真面目にやらないといかんなあと自戒したりして……。

商売関係の方もそうでない方(こっちのほうがはるかに多いなぁ)も、これからもどうかご贔屓に!
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-31 18:52 | 仕事

3連敗ぃ!?

f0081089_18524084.jpg
祝・セリーグ開幕。だけど片目も開かず3連敗。
ホッシー、やけ酒の図であります(ぽぱいさん、ありがとね)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-30 18:56 | 野球

王子「山田屋」

f0081089_1763558.jpg
まさに桜満開の昨日、王子の飛鳥山公園に行ってまいりました。目的は、ぽぱいさんジンさん元坊さんとの「プチ花見ミニにこけん」でございます。
日が落ちないうちに、ひとり飛鳥山公園とその周辺を散策。f0081089_1711561.jpg駅の脇に、こんな怪しい十軒(?)長屋を発見。昭和の匂いが濃厚ですが、どの店もやっていないようです。ま、やっていても入る勇気ないけど……(情けない)。
f0081089_17191643.jpg





ジンさんと駅で落ち合い、本番前に(なんの本番だ!)軽く立ち飲みでウォーミングアップ。
駅北口の西側に「平澤かまぼこ店」という、店頭ではおでんの持ち帰り販売、中はウナギの寝床状の立ち飲みカウンターというお店に立ち寄ります。

花見帰りのお客さんで中も外もギッシリ、とても入れそうになかったのですが、お店の人が2人なら入れるよと声をかけてくれます。ラッキー。
私が注文したのは大根とさつま揚げ。さすが練り物専門店だけあって、なかなかの味。大根もよく煮えていていい味でしたが、筋の多いところだったのが玉にきずでございました。
f0081089_1723313.jpgそして、本丸の山田屋に。入ってみると、けっこう広いのにお客さんでいっぱい。
ありゃ、と思いましたが、ここでも運よくテーブルがひとつ空いていました。このお店も昭和の香り満点のレトロな大衆酒場ですが、客層は老若男女満遍なくちらばっているところが安心感を醸します。そして、抜群に安い。200円台のメニューが過半を占めています。

われわれが席に落ち着くと、すぐに、元坊さんと元坊さんの会社の友ちゃん(紅一点)が到着。楽しいひとときが始まりました。
その後、道に迷ったぽぱいさんもなんとか無事合流して、乾杯。f0081089_17304647.jpg

またしてもピンぼけ写真で申し訳ない限りでございますが、煮込みはオーソドックスな味噌仕立てでいうことなし(しかし、今回はとくに料理の写真がことごとくダメで、ちょっと自信喪失っす)。
f0081089_1732155.jpg




そして、ジンさんの煮込みTシャツ、新バージョンの披露!
短冊が白抜きになり、桜吹雪が舞っています。すごいすごい! やるなあ!
こうして、深更まで楽しい宴は続くのでした。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-30 17:47 | にこけん

ちりとてちん

私はあまり連続ドラマを見ないのですが、お恥ずかしいことに、これほどはまった番組は今まででほとんど記憶にありません。

視聴率はイマイチらしいですが、コアなファンが多いようで、私の周りにもそういうタイプがウヨウヨ(失礼)いらっしゃいます。

別に貫地谷しほりが好きなわけではないのですが、毎回ホロリとさせるシーンがあってうるっときたり(あぶないあぶない)、また、常に伏線が張り巡らされている脚本の秀逸さにうならされたりします。

ま、それがどうした、という話ですが、モンダイはあと2回で終わってしまうこと。
朝、きちんと起きようとするモチベーションが減退することは確実です。

うーん、だけどなんでこんなにはまったのかなぁ?
人情話がファンタジーになる時代だからかなぁ?

いや、やっぱりトシのせいだな(悲)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-27 18:28 | 日常

外神田「おに平」

f0081089_10233579.jpg昨日はポカポカ陽気。いよいよ桜の花も本格的に開いてきました。

デザイナーさんと楽しい雑談大切な仕事の打ち合わせの後、夕暮れのアキバ界隈をフラフラ歩きます。
これはヨドバシカメラのはす向かいに植えられた桜。こんなにゴミゴミした場所なのに凛とした雰囲気を漂わせています。
f0081089_10283515.jpg
暖かいので、しばらく付近を散策。昌平橋あたりで鉄ちゃん気分。左手は旧交通博物館。
神田川と中央線、総武線、丸ノ内線、そして向こうに見える聖橋。この立体交差の風景は、鉄ちゃんならずとも心惹かれるものがあります。だけど、写真のアングルは難しい……。
さて、そろそろ帰るかと思いつつも、夕暮れ時に何かもの足りないものがある。

何だろうと懸命に考える濱鯨。

「そうだ! 煮込みだ」

f0081089_10404642.jpgある版元のADを務める師匠筋の先輩に連絡をとってみると、「いいよ」とのこと。
酒呑みは決して急な誘いを断れない(笑)。そこで久々に、かつて通った外神田の「おに平」に。
これが「アキレス腱入り牛煮込み」(525円)。なんか痛そう(?)。
「コラーゲンたっぷり」とお品書きには書いてあります。右の七味は大きなサイズですが、それでも量はけっこうあります。
鉢ではなく皿で出てきたのには意表をつかれましたが、味は醤油ベースであっさり。たしかにアキレス腱はコリコリしており、軟骨のようです。味の評価は3.5くらい。f0081089_10443371.jpg
そして、トロの2種盛り(840円)。ちょっと写真失敗ですが、トロとあぶりトロの組み合わせでこの値段は格安。もちろん美味でございました。オジサンとしては片面あぶってあるほうが、食べやすかったですね。
そして、写真大失敗のため掲載不能でしたが、筍の刺身はまさに春の香り、絶品でございます。ああシアワセ。

この「おに平」は秋葉原の中央通りから蔵前橋通りを本郷方面に向かい2、3分、妻恋坂交差点の手前にありますが、注意点は、ひとりでたくさん注文しないこと。刺身と天ぷらは何を食べても安くて美味いのですが、量が異常に多いのです。ですから、何人かで連れだって行くときも、様子を見ながら注文することが肝心です。
たとえば、天ぷらの盛り合わせ(1280円かな?)などをうっかり頼むと、大食い選手権に出てくるような、まさに天ぷらの「山」が眼前に現われます。初めて見ると茫然とします。最低4人でとりかからないと消費できない量ですので、独り呑みのときには特にご注意を。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-26 11:04 | にこけん

フルコース

季節にも出来事にもなんの関連もないのですが、なぜか突然「フルコース」という言葉を思い出しました。もちろん、私がフレンチのフルコースについて語るはずもありません。そして、オチもありません(苦)。

だいぶ前、福岡・博多の街を訪れたときのこと。
現地で博多在住の方と落ち合い、「よし、今夜はフルコースで飲むぞ」ということになりました。
1軒目は居酒屋、2軒目はきれいなおねーさんがいる健全なお店、3軒目は昔きれいだったママがいるバー、そして締めは長浜ラーメン。
ホント、お腹いっぱいの楽しいフルコースを満喫したのでございます。

ところが、2軒目できれいなおねーさんが「お客さん、今日はフルコース?」と尋ねてきます。
「うん、最後は長浜ラーメンじゃ!」と答えると、怪訝な顔をしています。

「中洲でフルコースといったら、最初は居酒屋さん」
「おうおう、同じじゃん!」
「そのつぎは、ここみたいな健全な店」
「そうだろそうだろ」
「3軒目は、ちょっとエッチなお店」
「ええ! そうなの?」
「最後は、あのあたりにあるお風呂屋さん」
「がびーん!!」

ちょっとビックリ。ちょっとくやしい(なぜだ?)。だけど、あとで博多の人に話したら知らなかったので、ちょっと安心(なにが安心なんでしょう)。

ま、おねーさんのいう「フルコース」は、いろいろな業態が狭い地域に集まっているからこそ可能なのでしょう。あ、だけど、これは札幌でも可能だな(同じビルの中に居酒屋とお風呂があったりするし……ぶつぶつ)。

なんだぁ、結局、マーケティングの研究になっちゃいました。
やはり、根が真面目だといけませんね(笑)。


久々に更新してこれかよ……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-24 15:14 | 日常

印刷のお勉強

f0081089_21234166.jpg今日は日曜日。東京地方は最高気温19度と、服装によっては汗ばむ陽気でございます。
曜日の観念のないワタクシでございますが、家で原稿書きばかりでは芸がない(そういう問題か?)。
そこで、ちょっとここのところ、印刷の知識を充実させる必要に迫られていたため、初心に戻って「印刷博物館」なるところに行ってきました。
飯田橋から小石川方面に約1キロほど行った地点にあるのですが、行きの総武線には阪神タイガースのはっぴを着た人や楽天イーグルスのロゴ入りカバンを持った人がいます。なんだなんだ?
そうか、今日は読売対阪神が東京ドーム(水道橋)で、東京ヤクルト対東北楽天が神宮球場(信濃町or千駄ヶ谷)であったのですね(オープン戦)。なんだあ、オレはけっこう仕事モードなのに、てな感じ。オレも見に行きてぇ……・

それはともかく、昼頃に目的地に着いたのですが、昼飯を食わなきゃいけません。ところがないのよ。店があってもほとんどお休み。日曜だもんね。
ようやく、やっている中華屋を見つけ、650円のタンメンで一息。値段にしてはまあまあっす(写真、なんとなく撮りづらく断念)。
そして、目的地に戻り、いちおうお勉強モード。入場料300円ですが、これは正直いってオレにとってはとても安かったです。もちろん、自分の商売に密接したことということがあるものの、直接のネタになることはないにもかかわらずなかなかのものでした。ぼんやりとしか知らないことを知ることができたりして、非常に勉強になりました(だけど、うまく説明できないのがモンダイ)。
ただ、やはり博物館であるため、撮影は禁止。わかっていますがちと残念。

さて、2時間ほどその場で過ごした後、どうするか、でございます。

f0081089_21554095.jpg
小石川からボーっと、南東にブラブラ。水道橋をかすめ神保町まで来ちゃいました。
のど乾いたよう。
だけど、まだ3時だよう。
だけど、世間は日曜日だよう。

オレは5時より前には飲まない主義だけど、野球を見るときは昼間でも飲むからいいじゃん、と、グタグタつまらぬことを考えながら、「生一つ!」







f0081089_21594372.jpgそして、つまみに頼んだ黒豚餃子。意外にボリュームあるのよ。
一番少ないので6個でしたが、ご飯2杯分食った気がしました。うまかったですけどね。


夕方6時前に帰宅。「ご飯少なめでいいや」といいつつ、いつも通りに食べてしまうワタクシでございました。
やっぱ、ダメだなぁ。
メタボ一直線!
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-16 22:17 | 仕事

今年の初「白くま」は鹿児島産

f0081089_1651714.jpgかねてから「白くま」ファンのワタクシでしたが、スーパーをフラフラしていたところ、久々に発見!
あれ? いつものと違う。
「元祖鹿児島」とか「南国」とかついています。

いつものやつは、福岡県久留米市の丸永製菓の「白くま」。
パッケージのテイストは似ていますが、明らかに違う商品です。
今日仕入れたのは、鹿児島市のセイカ食品の「南国白くま」。

なにかネーミングに、「プライド」とか「本物はオレのところのだけだよ」といった意識が感じられるのは、考えすぎでしょうか。九州内で、ひそかに「白くま」戦争が起きているのではないか、などと邪推してしまいます。

ちょっと、妄想モードですな。

風呂上がりにでも、「利き白くま」してみますか(笑)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-10 18:03 | 日常

大宮東口「南銀」

春本番、といった感の土曜日。例によってダラダラと原稿書きをしていると、ケータイにメール着信。どうせ「米買っておいて」という類の家庭内業務連絡だろ、と思っていたら、にこけん隊長の楽笑さんからのお誘い! 急にてきぱきと雑用を済ませ、大宮へGO!

こんなところから
f0081089_14254140.jpg
こんなところに
f0081089_1426675.jpg
移動したのでございます。
着いた先は「南銀」。
f0081089_14275075.jpg
なかなかいい感じです。

実はこの界隈、なかなか怪しくて、大宮でも最もディープなところなのですが、なかなか徘徊する機会がありませんでした。このあいだまで豚児その1が大宮地区の高校に通っており、変なところで目撃されたらかなわないと自粛していた場所なのでございます。
まあ、そんなことはどうでもいいことですね。

楽笑さんとサシで飲んだのはもちろんはじめて。ホッピーで乾杯後、なんか、根掘り葉掘りいろいろ聞いてしまったような気がしますが、中年男2人、おたがい実によくしゃべくりまくりました。内藤のタイトルマッチを見ながら、すっかりリラックスモードでございます。楽しいなあ。
そうそう、ここの煮込み、サラスパ、たこの唐揚げ、いずれも美味しく、串焼き(写真失敗)もなかなかあなどれません。
f0081089_14371193.jpg
f0081089_14372814.jpg
f0081089_14374185.jpg

そして、河岸を変えて「サムライバール」へ。
だいぶお茶をひいていた「南銀」と比べると(失礼)、ずいぶんにぎわっています。よくみると、客層はたいそう若い。あれ、みんな息子・娘世代じゃん。
だけど、そんなの関係ない!
楽笑さんおすすめの「ハイッピー」がなくなっていたのは残念でしたが、ここでもオジサン話は延々と続いたのでした。あらためて感謝でございます。

ちょっとにこけん的分析が甘いっすね。写真も相変わらず甘いっす。精進せねば(笑)。

「なかなか」が多すぎるな……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-09 14:50 | にこけん

四ッ谷「大阪屋」

f0081089_21493591.jpg約1年間の雌伏の時を経て、晴れて「にこけん」の正式メンバーになったワタクシ、隊員としての重責を担うべく、四ッ谷駅前「大阪屋」を開拓いたしました。

四ッ谷には、ここのところ年4回、規則的に通っています。というのは、私が深入りしている直販季刊誌「ザッツ営業」の出張校正(ここにDTPをやってもらっているデザイン事務所がある)の手伝いにお邪魔しているからなのでございます(ちなみに、今回9本も原稿書いちゃいました。ふう)。
変な話、独立してからは、「みんなで一緒に作業をする」ことがほとんどないので、出張校正というてんぱっている状況にもかかわらず、なかなか楽しいのであります。ひとりが好きだけど、つるむのも好きという矛盾した性格ゆえのことでございましょう。

私が助っ人に入るのは通常2日間。12時過ぎると、サラリーマン時代のように、つるんで昼飯に出ます。それだけで懐かしい気分。
だいたい目当ての店は決まっているのですが、そのうちのひとつがこの「大阪屋」。東京のど真ん中なのにこの店名はなぜ? と思ったのですが、昼の定食はなかなかボリュームがあり、メタボさえ気にしなければ満足できるお店です。

トンカツがメインの店ですが(つまみで食べたロースカツは絶品)、つくりは完全なB級居酒屋。われわれが愛してやまないタイプです。そこで、編集長氏に、ちょっと、今回は、夜、行ってみない? と悪魔の囁き。もちろん、答えはイエスっす。

1日目の作業を終え、私を含め4人でGO! 妙に饒舌なオヤジが迎えてくれます(これが大阪屋の所以か?)。基本的なつまみ(煮込み、あじ南蛮、ニラ玉、自家製シュウマイなど)は税別390円と安い。いいぞいいぞと思っていたら、編集長氏のケータイに着信。別の編集部のオッサンから「飲もうよ」だって。
結局、本郷方面からの遠征組を加え、総勢6人で日本経済の行く末について、深更まで語り合ったのでございます(うそだよん)。

そうそう、大切な煮込みの評価ですが、オーソドックスな味噌仕立てで、激賞するほどではありませんが、オレ的には悪くありませんでした。5段階評価で3.5か4という感じ。量はそれほど多くなく(小鉢)、値段は税込410円ですので、まあ及第点かと思います。なお、ホッピーは残念ながらナシ。日本酒と焼酎は、そこそこ揃ってました。

場所は、四ッ谷駅から麹町方面に向かってすぐの「麹町東急ビル」のB1。上智大学の向かいです。なお、ソフィアの女子学生が来ることはまずないと思われます。あしからず(笑)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-03-05 22:29 | にこけん