超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダメなワタシの近況報告

前回の更新からもう半月も経ってしまいました。ダメなワタシです。

おまけに、夕べは10人(しかも、うち1人は完全な下戸)で5升も空けてしまったせいで、まだアルコールが体内に残っているような気がいたします。そして、豪華な宴だったにもかかわらず、写真を撮ることを完全に忘れ、ひたすら飲み食いしていたダメなワタシです。

そんなこともございまして、今日は27日ぶりの完全休業日。だけど、すっかり、ぼんやりとすごしてしまいました。やっぱりダメなワタシです。

外ではまた雷鳴がとどろいています。

打ち合わせ・酒・取材・酒・執筆・酒・原稿整理・酒・出張・もちろん酒……きりがないのですが、私にとっての8月はこんなのんだくれ貧乏暇なし系のイメージ。われながらなんだかね、っていう感じ。その夏ももう終わりです。


なんか、ちょっとマジメなことを書こうと思ったのですが、どうもネガティブチックになりそうなので、それはいずれまたの機会に。



タイトルとは無関係ですが、ここで一曲。若い頃の裕美ちゃんは、やはりかわいいのでございます。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-08-30 17:14 | 日常

ピンチっす

数日前、豚児その1から「バイトの履歴書用の写真撮って」といわれ、いつ面接に出かけるのかと問うと、2時間後とのこと。こんなことはたまにしかしないので、けっこう手間がかかります。「しょうがないなあ。今度はもっと早めに言えよ」とぶつぶつ文句をいいながら撮影。

macにデータを移し、トリミングしようとしたら「データが壊れている」との表示。何回やってもデータのコピーができなくなってしまったのです。

「どこが悪いのか?」

悩んでいるうちに、時間は刻々と過ぎていきます。

しかたがないので、愚妻その1が使っているwinマシン(ぺなんとかが壁紙になっているので、開くたびに不快。ということはこの際どうでもいい)にデジカメを接続。なんなくコピーはできました。

しかし、使い慣れないwinで写真の加工をするには時間的リスクが大きい。そこで、winのデータをmacに移すしかないと判断。そこで、どうやって移すかですが、MOを引っ張り出すのはちとメンドウ、FDは容量的に無理、CDもふだんあまり使わないのでなんとなくイヤ。

そこでひらめいたのが、メール。愚妻その1のアドレスから私のアドレスに送信。

ようやく、macにデータが戻りました。急いで加工して印刷。何とか間に合いました。
しかし、このプロセスで1時間以上つぶれ、私の貴重な原稿書きの時間が失われたのでございました。

問題は、なぜmacにデータをコピーできないかということが、まだ解明されていないこと。さすがにホッピーの写真をカミさん経由で転送するのイヤだもんね。どうしよう(悩)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-08-15 11:47 | 日常

病み上がりの広島(その3)

f0081089_17464572.jpg
お昼までに仕事をサクサクとすませた私たちは、なぜか広島パルコ前で思案。気温35度を超えようかという暑さ。だけど、このまま帰京するのももったいない。どうする?
やっぱりここまできたら、冥土の土産に日本三景を見ておかなきゃ! 真夏でも、あきの宮島っす(失礼)。
広電で行こうと停留所で待っていたら、もはや身体が溶けそう。
知らぬ間にタクシーを停めている人がいます。
「宮島までいくら?」
「5000円くらいだね」
「えー、そんなにかかるの。じゃ、いいや」
「お客さん、そのくらいかかるよー。ま、いいから乗って乗って。安いルートで行くから」
私の隣でこんな会話が繰り広げられ、あっさり車中の人に。
この運転手さん、強引だけど実はいい人で、結局、目的地の3キロも前で5000円に到達してしまったのですが、そこでメーターを止めてくれたのです。「賃走」をいきなり「貸切」にしちゃうわけ。
「いやぁ、もうすぐだし、無理やり乗せたからさ。申し訳ないし」だって。たぶん2000円近くサービスしてるな。ちょっとうれしい。
宮島口からはJRのフェリーに乗り込みます。十数分で着きますが、思ったより大きな島でございました。ちなみに島内には幼稚園から中学まであるとのこと。へー。
f0081089_17465813.jpg
朱色が目にしみます。
f0081089_1747108.jpg
有名な鳥居ですが干潮の時間帯はここまで行けるんですね。水に浮かぶようなイメージがあったので、これは意外でした。
f0081089_17472323.jpg
島内にはシカがたくさんいますが、角のあるやつは危険だそうで、近づいたりさわるのはまずいらしいです。奈良公園あたりのやつとは全然凶暴さが違うとのことで、イメージにだまされてはいけない典型例ですね(誰のこと?)。
f0081089_17473474.jpg
これは広島駅にたどりついて、ちょっと豪華な食事の図。アナゴと小イワシは前夜もいただきましたが、全然OK。うまいものは何回食ってもうまいっす。

カテゴリは「仕事」なんですけどねぇ……。
この写真を見る限り、説得力ないな(毎度のことか?)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-08-11 18:26 | 仕事

病み上がりの広島(その2)

f0081089_21371797.jpg
前夜、流川を深更まで漂流した濱鯨でございますが、翌朝は6時に起きて散歩であります(トシのせいじゃない)。
太田川の分岐点にかかる相生橋(向こうに見える橋)は、原爆投下の標的になりました。
f0081089_21373451.jpg
原爆記念日を控えて式典の準備が進んでいます。
f0081089_21374542.jpg
記念公園はテレビで見るイメージほど大きくありませんでした。もう、芝生に椅子を並べるための糸が張ってあります。
f0081089_21375520.jpg
慰霊碑もきれいに掃除されています(ふだんはハトの糞だらけだけど、この時期はきれいになると地元の人が言っていました)。
f0081089_2138893.jpg
原爆ドームの隣に位置する広島市民球場。今シーズン限りでおしまいです。試合をやっていれば見に行ったのですが、あいにく前夜は横浜でオールスターでした。f0081089_21384146.jpgf0081089_21385854.jpg











広島では路面電車(広電)がバリバリ現役。市民の足になっています。レトロなヤツもいれば、スタイリッシュないまふうのヤツもいます。
f0081089_21391293.jpg
午前中、仕事を終えてちょっと休んだ喫茶店。なかなかシブイっす。ビートルズグッズが至るところに飾られた店の名前は「イエスタデイ」でありました(ちょっとベタ?)。

ここで、お仕事はオシマイ。盛り上がりを見せぬまま、いよいよ最終回に続く!
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-08-05 21:55 | 仕事

病み上がりの広島(その1)

f0081089_21534917.jpg月が変わって8月。まさに「夏ぅ〜」であります。
夏風邪で不覚をとったワタクシでございますが、仕事は粛々とこなさなければなりません。ましてや、久々の地方出張を棒に振るわけにまいりません。
もちろん、そこには「たまには遠くに行きたいよな」とか「地方のうまいものを食いたい」という意識はまったくなく、ただただ仕事に対するピュアな気持ちだけがあるのでございます。ちなみに、写真の弁当は「深川めし」。「アド街」で人気ナンバーワンになった東京駅の駅弁で、たしかにかなりグー。うまいっす。
f0081089_2250051.jpg今回の目的地は広島。いままで仕事で行く機会がありそうでなかった未踏の地でございます。
駅頭で現地のカメラマンさんと落ち合い、彼のクルマでそのまま取材先に。
「8月に入ると、道路混むんですよ。祈念式典の準備のクルマで」と、カメラマン氏。意外というか、なるほどというか、広島という都市の特殊性をあらためて感じたりします。
f0081089_22503640.jpgf0081089_22505369.jpgf0081089_2251712.jpg

今日の仕事は無事終了(あっさり)。

流川(市内の繁華街)あたりをちょっと散策。
ひょいと入ったお店は当たりでした。

魚は瀬戸内産の新鮮なものばかり。女将のおすすめは、小いわしとさば。小いわしの刺身は初めてでしたが、鹿児島のきびなごに似たサイズと食感で、なかなか美味でございます。
そして圧巻は、さばの刺身。
ふつう、さばの刺身なんて恐くて食えませんし、もともと出してもらえません。それが「今朝獲れた」ものなら、何の問題もないんですね。脂がのって、文句なしにうまいです。シ・ア・ワ・セ。
これはおそらく「関さば」と同じもの。瀬戸内側で獲れれば関さばブランドじゃなくなるけど、おいしさは同じなんですね。

あなごの白焼(写真失敗)、白えびのかき揚げ(同)、はもの湯引きも実にうまい。そろそろ、自分が広島まで何をしに来たのかわからなくなってきます(笑)。

そしてそして、意外だったのは生だこの焙りでございます。最近は安い寿司屋でも生だこを出すようになりましたが、それでも主流は蒸しだこ。
これまで、たこのステータスはあまり高くなかったのですが、この一品に出会って自分にとってのたこ位置づけが一気にランクアップしたのでございました。
f0081089_2252640.jpg
その後、流川をふらふらと漂流し、ついに禁断の締めのラーメン。
なぜか博多の長浜ラーメンですが、それに辛みがついています。でも、これもなかなかでありました。

と、徐々に目的を見失いつつある濱鯨の広島紀行は次回に続きます。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-08-03 22:45 | 仕事