超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こっそり11連敗もしてんじゃねえよ!

禁を破ってプロ野球ネタ。

というか、ネタでもなんでもないのですが、どうも今日で11連敗らしいっす。順位確定して(ビリ)、もうノープレッシャーなのに負け続けるってどういうことでしょう。

いくらドラフト戦略が甘くても、指揮官がダメでも、こういう時期にここまで負けるほど、戦力が不均衡であるとは思いません。

正直いって「おまえ、病気か」という感じ。

もう、スポーツマスコミの誰も注目してないし、好きにやればいいのに、なんだろね?

ワタクシの40年にわたるホエールズ/ベイスターズ負け犬記憶の中でも、さすがにこれほどダメダメだったことはおそらくありません。いまのベイの勝率は、首位打者当確のウッチーの打率に遠く及びません。だいたい、リーディングヒッターとホームラン王を争おうというヤツがいて、この成績ってナニ?

オレももう老い先短いんだから、ちっとはいい思いさせておくれよ(悲)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-30 22:00 | 野球

苦肉の策?

今日は、ゆきねえさんにピカピカの一眼レフを見せてもらった直後に、例のデジカメの修理のため、サービスセンターに参りました(もうこの時点で萎えている)。

窓口のオネーサンに、かくかくしかじかの症状で、と説明すると、舞台の影からサービスマンのあんちゃんが出てきて、「旦那、これをなおすには1万円かかりますぜ」とおっしゃいます。

「うーん、3千円くらいでなんとか」と言いそうになりましたが、それは無理そう。
3万円で買ったものに1万円の修理代金? と思いましたが、データが全部とんだら、元も子もない(って、それほどの写真?)。やむなく了承したものの、引渡しは1週間後。あーあ、てな感じ。

デジイチはともあれ、3台目への欲望がふつふつと湧いてくる今日この頃なのでございます。

(ある媒体の単独取材が再開したら、一眼もありかな、と思う自分が恐いっす。原稿料は●●なのに……)

関係ないけど、今日からワタクシ5巡目に突入っす。ああ……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-29 22:48 | 日常

ダンボの耳

ある朝、取材先に直行すると、待ち合わせの30分前。早く着きすぎたので、近くのファミレスで時間を潰します。

朝9時台ということもあって、店はガラガラ。隣のテーブルでは、紺のスーツの営業マンらしき人が2人で打ち合わせをしている様子。

コーヒーを飲んでいると、隣の会話がなんとなく耳に入ってきます。

「私ども○○社(大手商品取引会社の名前)としましては……」

あれ? 同僚と営業活動の打ち合わせをしているのではなくて、どうも相場の話のようです。

「このあいだのボーナス、まるまる残ってるんですよ。だから、それでなんとか儲けて遊べないかと思ってるんですよね。とりあえず、1枚か2枚から始めたいなと……」

「1枚なら、追い証も……ですし、少し様子を見ながら……」

この手の会社が扱うのは、ほとんどが富裕層向けのハイリスク・ハイリターン商品。だから顧客の多くが高齢者なのですが、この客はどう見てもまだ30代。どんな会社に勤めているかわかりませんが、このご時世でも、もらっている人はもらっているのね、という感じ。

ま、そんなことをうらやんでも仕方ないのですが、どうも気になってしょうがないのが、「1枚」が100万円なのか1000万円なのかということ。商品によって違うのでしょうが、どうも100万とは考えにくい。それじゃ、1000万か! と、にわかに心の中で逆上するワタクシなのでございました。

どうも小さいな。オレ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-27 13:25 | 日常

問題解決の技法

【事例その1=日本人的結論の先送り】
原稿の遅れによって、突如ヒマになったワタクシ、この休みのうちにデジカメデータがPCにコピーできなくなった問題を解決すべくちょっと試行錯誤してみたのですが、症状は悪化の一途を辿っている様子。

コピーできないどころか、データを認識しなくなってしまったのでございます。ここで、それ以上何かしようとすると、どうも取り返しのつかないことになりそうなので、またしても中断。頭を冷やして、打開策は後日考えましょ、ということにいたしました。
したがって、当分写真ナシの記事が続きます。

【事例その2=強行突破による明確な失敗】
ある日の昼、何か麺類でも食うかと思って台所をあさると、「讃岐うどん」の乾麺がありました。
冷蔵庫には、揚げ玉の残りと冷凍した油揚げがあったため、早速、わかめを戻して、「月見わかめたぬききつねうどん」をつくります。

ところが、材料を揃えて麺を茹でようとすると、何かおかしい。
よく見てみると、それは「讃岐うどん」ではなく「讃岐そうめん」だったのでございます。「讃岐」イコール「うどん」という先入観が招いた失敗事例です。

このケースでは、強引にうどんと同じようにつくってみたのですが、明らかに失敗(食べられるけど)。非常に妙な食感だったのでございました。

【事例その3=発想の転換によりなんとか成功】
1週間前の昼、昼飯は何にしようかと冷蔵庫をあさっていると(こればっか)、冷凍室に鶏の笹身がありました。

「そうだ、今シーズン最後の冷やし中華にしよう!」
ワタクシの小さな脳みそが、すばらしい指令を出します。
早めに笹身を解凍し、近所のスーパーまで麺を買い出しに……。

ところが、ない! 麺がない! 別の店に行っても、やっぱりない!

9月も半ばになると、いくら暑い日でも冷やし中華の麺は売っていないのです。それを47歳11か月にして初めて知りました。

さて、解凍してしまった笹身はどうすればいいのか……。

それまで、冷やし中華の代替品になる麺を物色していたのですが(すごい執着)、中華麺を買ったとしても、たれ(スープ)づくりの自信はありません。
麺売場で茫然とたたずむワタクシに出た指令は、「鶏そばにすればいいじゃん」。

熱い醤油ラーメンに茹でた笹身をちらしてのせれば、鶏そばの完成です。幸い、冷蔵庫には使い残りのもやしもあります。さっと塩こしょうで炒めてトッピング。ついでにゆで卵もプラスして、今回はバッチリでした。


てな、間抜けな日常を送っているうちに、9月も大詰め。なんだかねえ、と言っているうちに、秋は暮れていくのでございます。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-24 16:45 | 日常

がんばれ広島カープ!(これホント)

プロ野球の話は封印していたのですが、いまは声を大にして言いたいのでございます。

「がんばれカープ!」と。

お金がなくても、いつもTやGにいい選手とられても、けなげじゃないですか。
いま、中日と同率で3位。クライマックスシリーズ出場の可能性があります。
市民球場最後の年、なんとか最後まで食らいついていただきたいと、本当に心から思います。

そして、パシフィックリーグでも、低迷し、春先に監督交代のあったバファローズが、大石大二郎の下で旋風を巻き起こしています。

それにひきかえ……、なんて野暮な愚痴は吐きませんが、12球団のうち、プロじゃないチームがひとつある。

40年ぶりに宗旨替えするか、真剣に悩む秋であります。

なんか、だんだん悲しいブログになってきたなぁ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-17 18:33 | 野球

いや、枕といっても艶っぽい意味じゃございません。

ビジネス・経済系の記事を書くとき、枕というかイントロみたいな文を、自分でつくらなければならないケースがよくあります。

5、6年ほど前までは、
「バブル崩壊以降、依然として景気回復の先行きが見えず……」
というような常套句をずいぶん長いこと使い回していた気がします。

そして、その後は、
「マクロの景気指標は好転したものの、それを実感しているのは一部の大企業だけで、多くの中小企業は依然としてきびしい経営環境にさらされている……」
てな具合に変化します。

さらに、ここ1年半は、
「昨年来の原油価格高騰の影響で、企業経営が圧迫され……」
みたいなフレーズが頻出するようになりました。

いま、いちばん恐いのは、
「リーマン・ブラザーズ破綻に端を発した世界同時株安とスタグフレーションの波はとどまるところを知らず……」
というような枕を書くことです。

どうも洒落になりませんな。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-16 15:10 | 仕事

倒産?

いや、私のことではございません。
まだウチは大丈夫です。って、会社にもしてないじゃん(笑)。

会社員の方はあまりピンとこないかと思いますが、今年から、国民健康保険の被保険者は、それまで市の保健所などで受けていた健康診断を、一般の医療機関で受けるシステムに変わりました。特定健康診査(いわゆるメタボ健診)であります。

市からの通知によると、市内のほとんどの病医院でやってくれるというのですが、うちから歩いて3分の医院で受けるのも気分が出ない(ん?)。そこで、ちょっと先にある、まだできて10年も経っていないきれいな総合病院で、やってもらおうと電話をかけてみたのです。

「はい、○○病院です」
「あの、特定健康診査のことでちょっとお伺いしたいのですが」
「はあ、誠に申し訳ありませんが……」
「えっ?」(役所のように電話をたらい回しにするのかな?)
「申し訳ないんですが、13日に閉院、つまりやめちゃうんです」
「……(一瞬絶句)、えっ、あらそうですか。失礼しました」
「こちらこそ失礼しました」

なんかすごいタイミングで電話したみたい。
近所に用があり、その病院の前を通りかかると、でかい文字で「本日外来休診」の文字。
関係者が数人、慌ただしく玄関を出入りしています。こころなしか、壁の色もくすんで見えます。
さらに近づいてみると「10日午後から外来診療を当分の間、休止します」との貼り紙。電話では明後日でおしまいといっていましたが、これが公式見解なのでしょう。

この雰囲気、まさに倒産した会社にそっくり。もちろん、そうとは断定できませんが、門前薬局も潰れちゃうだろうし、おそらくいろいろなところに影響するのでしょう。

かくしてワタシは、やさしいナース(できれば少し豊満なタイプ)のいそうな病院を探し直すことになったのでございます。そんなのわかるわけないけど……。

追記
12日朝刊の地方版に、「負債総額15億円で自己破産へ」という内容の記事が出ていました。やはりというか、なんというか……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-11 17:05 | 日常

神保町 酔の助

前回、残念ながら病欠したにこけん総会。捲土重来を期して(おおげさ)、今回はワタクシの準本拠地神保町に向かいます。

幹事の楽笑さんから「酔の助」でやるよ、という連絡を受け、懐かしい思いがこみ上げてきました。この神保町本店は入ったことはなかったのですが、いまから二十数年前、このお店の水道橋店で送別会だか歓迎会だかの幹事をしたことがあるのです。

そんなことを楽笑さんやジンさんに話していたら、グルメッチーさんが「おっ、このお店、二十年前によく飲んでたよ!」とおっしゃいます。お互い「アラファイブ(?)」世代ですから、二十年前は意外と「ちょっと前」のことだったりするのです(意味不明?)。

そして、驚いたことに、グルメッチーさんとワタシは、小学生時代に住んでいた場所が至近距離だったことが判明したのでございます。

「えー、濱ちゃん、小学校どこ?」
「えんざんです」
「グルメッチーさんは?」
「おれ、けいよう」
「えー、ほぼ隣じゃないですか」
「うん、戸越銀座ね」
「おれ、荏原中延っすよ」
「池上線、タダで乗れたでしょ」
「まさかぁ、キップ買いましたよ」

すっかり、グルメッチーさんが沼津出身だと思い込んでいたため、余計ビックリ。
こんな意外性が、なかなかうれしいのであります。

当日の出席者は、楽笑さん、ジンさん、ぽぱいさん、グルメッチーさんといういつものメンバーに加え、ワタクシは初対面のプロレスラーGOSAKUさん、そのお友達で初参加の作詞家パパイヤさん、そして美男美女のIZ夫妻という面々。
毎回、新しい出会いや驚きがあります。いいっすね、こういうの。

シモネーター化しては、「濱ちゃん、飛ばしすぎ」と諫められたりするワタクシでございますが、これからもよろしくお願いしますね。



ここまで、なぜ写真がないかというと、まだ例の問題が解決していないからなのでございます(しばらく放っておけば、直ると思っていた愚かなワタシ)。諸般の事情で、原因究明に着手しておりませんが、もうしばらくお待ちいただければと存じます。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-07 10:55 | にこけん

ちょっと思うんですが……

総理大臣が自ら退陣したら、横綱の引退のように(国会議員としても)潔く引退すべきじゃないかと思ったりします。

もちろん、選挙で負け、その地位を追われて捲土重来を期す、というケースは別ですが、他の業界でも(サラリーマンであっても)「もういいや、大変だから」と思った瞬間にその業界にいる必然性はなくなるのですから、こう考えるのもあながち暴論ではない気がいたします。

大相撲の場合は、横綱に限らず、引退をほのめかした瞬間にエンドマークがつきます。その日の取り組みは不戦敗で、翌日から力士としての身分を失うのです。
いろいろ言われている相撲界ですが、こういう厳しさは政界にも見習ってほしいところでございます。

しかし、関係ないけど、ずっと前に引退表明をした清原をベンチ入りさせているのはなぜなんでしょうか。ワタシにはそこのところも理解不能なのでございます。


久々の社会派と思ったら、やっぱり野球ネタか(笑いごとじゃないけど)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-09-02 12:34 | 日常