超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

祝・三浦残留

f0081089_21491814.jpg十中八九、タイガースにさらわれると思っていた三浦大輔が、奇跡的にベイスターズに残ってくれました。チーム事情が最悪な中、来年も苦労すると思いますが、われわれベイスターズファンにとっては本当にありがたい話でございます。

「高校時代もそうだったが、強いところを倒して優勝したい。その気持ちが一番強かった。横浜にも愛着があった。(今回の件で)迷惑を掛けた人もいっぱいいる。申し訳ない気持ちと、ありがとうという気持ちがある」

最終的に17年間プレーした横浜を選んだ。理由の一つに、甲子園大会を目指した奈良・高田商高時代の原点の気持ちを挙げた。「天理や智弁学園を倒してやりたいっていう気持ちでやっていた。強いところを倒して優勝したい、それが一番だった」と話した。
(サンスポより引用。画像は横浜ベイスターズ公式HPより)

どうもスポーツ新聞情報では、阪神のほうが提示額は上のようで、おそらく最低でも3年契約で1億円以上の差があったのではと思われます。だけど、三浦は残りました。それは、何千人もが彼のブログに残留してほしいとコメントするなど、ベイファンの気持ちが通じた部分も大きいのでしょう。

久しぶりに、金に転ばない男気のある選手を見たような気がします。

ところで、結局、トラッキー(タイガースのマスコット)はリーゼントにしなかったのかな?

あと、もうひとつ琢朗がらみで……。

横浜を戦力外になり広島へ移籍する石井琢朗内野手(38)が29日、自費で横浜スタジアムを貸し切り、ファンへの感謝を表す「琢朗から『ありがとう』の会」イベントを開催した。発表では3500人のファンが参加。オークションではユニホームが20万円以上の値で落札されるなど、人気の高さをうかがわせた。
イベント終了後に石井は「広島に骨をうずめるつもり。やれる限り現役を続けたい」と“生涯広島”を宣言した。心はすでに広島の一員だ。ブラウン監督は石井について特別扱いはしない方針だが、定位置奪取に闘志を燃やす。「梵や小窪君とレギュラーを争いたい。新球場の開幕スタメンになれれば最高ですね。何でもいいからチームに貢献したい」と話した。
(日刊スポーツより引用)

てなことで、「自腹」で琢朗も男気を見せました。来季は「晩年」じゃなくて、梵や小窪を自信喪失させるくらいのプレーを見せてほしいと思いますね。

来年も広島出張ないかな?
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-30 21:48 | 野球

今日のお昼

f0081089_13114437.jpg仕事が遅々として進まないと、昼飯のことばかりが気になるワタクシです。

気合いが入らぬまま午前中が過ぎ去り、冷蔵庫をあさりはじめます。けれども、私の欲望を刺激する食材はありません。

食事に限らずどんな局面でも、欲望に火をつけるには、なにかスパイスが必要。刺激がないと欲情しない身体になってしまいましたやる気にならないのでございます。

そこで今日のスパイスは、カレーパウダー。
な〜んだ、というところですが、たまに使うと意外と新鮮。ベーコン、ピーマン、たまねぎだけのシンプルなカレーチャーハンです。

味はまあまあ、見てくれもそれほど悪くない。ずっとパッとしないと思っていた女性が、思いがけず魅力的に見えたような気持ちになりました(なんのこっちゃ)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-30 13:36 | 日常

非該当……当然でしょ

f0081089_15361413.jpg
今日、こんなものが届きました。メタボ健診の通知表です。

最近、頭が痛く、胃がむかつき、咳が止まらず、急に眠気に襲われるという、絶不調のワタクシ、今年あたりはいろいろ危ないのではと危惧していたのですが、まったく、異常なし。ま、めでたい。

毎晩欠かさず呑んで、γ-GTPは49、尿酸値6.3という成績。まことに喜ばしいっす。

そして、これだ。
f0081089_15431933.jpg
えっ、見えない?
ここには「メタボリックシンドローム判定 非該当」と書いてあるのでございます。

ま、当たり前のことですけどね(余裕)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-29 15:46 | メタボ

大昔のおはなし

目当ての番組もなく、テレビのリモコンをいじっていると、桜田淳子さんの20歳の頃の映像が目に飛び込んでまいりました。

やっぱりこの頃はこんなに輝いていたんだ。かわいかったんだねぇ、としみじみ。

「私、高校の頃は桜田淳子に似ているってよく言われたのよ」と、聞かされたことを思い出しました。「そう言われれば、そんな感じがする」などと、醒めた口調で答えた若僧の私。もう四半世紀以上も前の話です。

ワンカットだけフラッシュバック。ただ、それだけ。

ちと、飲み過ぎました。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-24 22:08 | 日常

にこけん渋谷篇

f0081089_1626216.jpgf0081089_1626172.jpgf0081089_16263017.jpg私にとっては久々のにこけんでございます。

今回は、渋谷・道玄坂の「巌」というシブイお店で開かれました。おお、ムフフなお宿のお隣ですぜ、旦那!(って、なに興奮してる?)

出席者は、幹事のグルメッチー☆さん、楽笑さん、ぽぱいさん、ジンさん、元坊さん、M代さん、ゴサクさん、パパイヤさん、アッキーさん、それにワタクシの10名。
いつもながら、この場に溶け込むとホッとします。ま、脂肪も一緒に溶けてしまうといいんですが……。

明るいお店でもうまく写真の撮れないワタクシですが、秘密の隠れ家のようなムーディーなスペースでは、やはりキビシイっす。
ちなみに、真ん中の写真は巨大なマグロのカマ焼き、そして下の写真は、ついに大台を迎えた、ぽぱいさんのバースデイケーキ。おめでとうございます。
しかし、こりゃサプライズ。さすが親友幹事の気配りですね。

いつもどおり、なごやかにシーモネーターが行き交う場で、あっという間に時は過ぎゆくのでございました。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-18 16:45 | にこけん

今度はミナミです

神戸・大阪の後は、1週間置いて、また大阪です。
何回かこの地を訪れているものの、ミナミには足を踏み入れる機会がありませんでした(仕事だとどうしてもキタ方面になるけど、新地で飲める身分じゃないし、ブツブツ)。そこで、ちょっとだけミナミ(新世界と道頓堀)をお上りさん的徘徊。
f0081089_16233661.jpg
グリコはもっと大きいと思ったが、それなりに大きかった(どっちじゃい!)
f0081089_16235987.jpg
ご存じ通天閣。展望台に上がるのに600円かかりますが、外から見れば十分です。だけど、ワタシは上らないと気がすまなかったので上りました。ちょっと後悔しています。
f0081089_16241513.jpg
通天閣をめぐる新世界。昭和の匂いと若干の猥雑さがステキ。
f0081089_16243232.jpg
新世界と道頓堀界隈の巨大看板の串カツ屋。ニセモノのビリケンさんがけっこういます。これぞ、コテコテの大阪色。しばしご堪能ください。
f0081089_16244490.jpg
f0081089_16245717.jpg
f0081089_16251176.jpg
これは、本物のビリケンさん。通天閣の中に祀られています。

ふう、疲れた。

今回、最大の失敗は、昼にカツ丼をワシワシと食べてしまったこと。
昼間から飲める串カツ屋や寿司屋が100軒以上もあるというのに腹一杯。飲めず食えずで、見るだけ。非常にくやしいのでございます。どうも、詰めが甘いっすね。

あ、そうそう、詰めといって思い出しましたが、通天閣界隈には大きな将棋センターや碁会所が何軒かあるんですね。昼間から満員。昔やっていた連ドラの「ふたりっ子」(小学生のマナカナが出ていた)のモデルとなった場所ですから、なるほどというところ。
あと、もっとディープな脇道や怪しい雰囲気の店もあったのですが、ちょっと写真撮れませんでした。

次回がんばります(って何を?)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-15 16:56 | 仕事

祝・大台超え

いや、全然「祝」じゃないのでございます。

夕べ、久しぶりに体重計にのったら、未体験のデジタル数字がそこに現出した次第。
いかんいかんいかん。まことに遺憾に存じます、じゃない……。自戒の念をこめて、あえて記事に。

ちょっと、やけくそモード(まあ、お下劣な表現)。
ドカ食いして腹を下せば、数値は落ちるかもなどと、超後ろ向きの発想が浮かんだりしますが、ワタクシ、実際にはそんなもったいないことはしません。

しからばどうするか。

走るとか、腹筋をするとか、酒をやめるとか、飯を控えるいうのは、ちょっと違う。
もちろん、ビリーもね。

我慢しないでシェイプアップする方法、模索中(やっぱり、後ろ向き)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-13 17:49 | メタボ

祝・現役続行

f0081089_17563520.jpgベイスターズから放り出された石井琢朗の行き先が決まったようです。

広島は12日、横浜から戦力外通告を受けた石井琢朗内野手(38)と契約を結ぶと発表した。
20年間を過ごした横浜から引退勧告された石井琢だが「あくまでも、現役一本にこだわりたい」として戦力外となった。その後は日本国内でのプレーを第1希望に、移籍先を模索してきた。
石井琢は1989年に栃木・足利工高から、ドラフト外で投手として大洋(現横浜)入り。内野手に転向後は、俊足巧打の遊撃手として98年の日本一に貢献した。05、06年と2年連続でフルイニング出場を果たすも、06年オフに左ひざを手術。その影響もあり、昨年4月1日の巨人戦で記録は339試合でストップ。
プロ通算2307安打。今季は98試合の出場で、打率2割6分2厘、2本塁打、18打点だった。
(サンスポより引用)

ま、よかったよかった。久々の明るい話題だし。
しかし移籍先が広島だと、オレの宗旨替え問題再燃? いやいや、それとこれとは別。まだ濱ちゃんでいきますよ。

ただ、琢朗については、単身赴任だとなんかありそうで心配。まあ、野球選手はそういうのアリでOKと思うのですが、いまはマスコミがうるさいですからね。
近い将来のベイの監督候補ですが、もう一花咲かせてほしいものです。

写真は、今年4月15日、神宮球場(対東京ヤクルト戦)で濱鯨撮影。ちょっと無理筋の写真ではあります(笑)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-12 17:29 | 野球

神戸大阪二都物語

f0081089_15473448.jpg
f0081089_15493937.jpg秋、真っ盛りの週末、紅葉狩り取材で関西に。先週に続いて、あまり天気がよろしくないのがちょっと気に入りませんが、仕事ですからしかたありません。
とりあえずチェックインした宿の脇には生田神社があります。
f0081089_15532712.jpg
f0081089_1555319.jpgそう、藤原紀香が結婚式を挙げたところです。へー、っとちょっとおばちゃんモード。

三宮のアーケード街のなかには、ジュンク堂の本店があります。巨大な池袋店などに比べるとずっと小ぶりな感じ(それでも充実していますが)。
まあ、創業の地のお店というのは、そんなものなのかもしれません。
さて、お仕事も忘れちゃいけません。今回はとある大学に向かいます。
f0081089_1602759.jpg
歴史のある大学には、こんな重厚な建物が残っているんですね。重要文化財に指定されていますが、現役の研究棟です。天井が高くて、暗くて、ちょっと恐い感じもしますが、こういう感じ、けっこうそそられます。
f0081089_1635863.jpg
仕事の後は、なぜか諸般の事情で、大阪・天六に移動。「春団治」という粋な名前のお店で一杯というか、いっぱいいただきます。これ以降、すべての写真撮り忘れ。ちなみに、真ん中の銀杏の入っているかごは昆布でできており、食べられるのにはちょっとビックリ。
f0081089_16902.jpg三宮の宿に戻って、翌朝の散歩で偶然通りかかった風見鶏の館。30年ほど前に来たことがありますが、もろ原宿化しています。
あぶないあぶない、観光客に同化しそうだ。

ビジネスモードに戻って、またまた大阪・谷町へ。ここでもう1件お仕事。
ふと気がつくと、大阪城公園は至近距離。
f0081089_16144141.jpg
これですがな。さすが秀吉さんは派手好みですねぇ。
f0081089_16164490.jpg
そしてこれは、公園内にある大阪市立博物館。これもまた重厚な建築ですが、現在は閉鎖され、すぐそばにある非常にバブリーな高層ビル(大阪歴史博物館)に展示物は移設されているとのこと。ちょっと残念でございました。

しつこいようだけど、ちゃんと仕事してるからね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-09 16:29 | 仕事

ここはどこでしょう

f0081089_14323060.jpg
もう1週間前のこと、リュックを背負って私もこんな道をてくてく。曇天とはいえ、自然を満喫します。
f0081089_14372112.jpg
f0081089_14374426.jpg

広場に出ると、こんなに大きな石垣が!
みなさん、「よっこらしょ」と言いながら(言ってないって?)、列をなして登っていきます。
そして、こんな建物も。
f0081089_14414521.jpg
すごい! これも知らなかったよ。

実は、『東京の痕跡』の著者、遠藤ユウキさんに、デザイナーのユキコさんがむりやりガイドをお願いした、そのものズバリ「東京の痕跡ツアー」のひとこま。

総勢20人が参加し、ブックフェスティバルで賑わう神田・三省堂書店を起点に、一ツ橋、国立近代美術館工芸館(旧近衛師団司令部)、高射砲台座、江戸城天守台(ここに天守閣が建てられることはなかった。つまり台のみ)などを経て、和田倉噴水公園に至るコース。そのあと、日比谷から地下鉄で芝公園まで移動し「芝丸山古墳」見学のオプションにも参加しました。

こんな東京のど真ん中にこんなのあったのね、って感じ。よく通りかかる場所なのに、あるいはそうだからこそ、気づかなかったポイントがたくさんあります。
その後、なぜか芝公園から京橋までさらに歩くはめになったワタクシですが、いろいろと新しい発見があったのでございました。遠藤さんとユキコさんに感謝であります。
f0081089_14564968.jpg
[PR]
by bay-hamakujira | 2008-11-09 14:59 | 季節