超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お月見っすか

f0081089_17292513.jpg
愚妻その1が「オトーサン、誕生日おめでとう」と買ってきたチーズケーキっす。

なにやら意図がよくわからないのですが、ウサギさんが月見をしている様子。
あれっ? 月見をしたときにウサギが見えるんじゃなかったっけ。
あ、ケーキを月に見立てているわけね。

というようなアホなことを考えながら一口。
まあ、なかなか美味しゅうございました(私は一口しか食べないけど)。

うーむ、大台まであと1年ジャスト。

「来年はロウソク50本つけてあげるからね」だって。

いや、もう結構っす。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-09-29 17:39 | 季節

宝の持ち腐れ

f0081089_1642038.jpgもう20年近く前、上司の送別会があり、このとき記念品としてオーダーメイドの万年筆をみんなで贈りました。

筆跡を見て、その人の書き方を判別し、一本一本、職人さんが手づくりするため、納品まで半年以上かかるという贅沢な代物。

ふだん万年筆などほとんど使わないのに、それを見たら自分も欲しくなって注文したのが上の品物。左利きのため、それまで何本も万年筆をダメにしてきた私でしたが、「あーら不思議」というくらいなめらかに書くことができ、驚いた覚えがあります。

しかし、やはりというか、その後はほとんど使うことはなく、筆立てで埃をかぶっていたのです。おまけにエボナイトの光沢は失せ、鈍い色になってしまいました。

そんな不良ユーザーにも、その万年筆会社から一、二年に一回ほど、DMというか会報のような手紙が来ます。一回しか買い物をしていないのに律儀な会社だなと思いながら、久しぶりに取り出し、埃をとって水洗いし、乾かしてインキを充填してみました。

すると、お見事。わずかのかすれもなく、昔とまったく同じ書き心地です。その匠の技に、久々に感動いたしました。

ちなみに、その会社のHPを見ると、現在は注文してからできあがるまで24か月待ちとのこと。改めて、粗末に扱ってごめんね、という気持ちなのでございます。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-09-24 16:21 | 日常

歯科通いの秘かな悦楽?

会社を辞める前に全部治してしまおうと歯医者に通ったのが、もう8年前。
それ以来、ちょっとくらい疼いてもごまかしていたのですが、2か月ほど前に歯の一部が欠け、やむなく近所の歯科の門を叩きます(道場破りか)。

その歯医者さん、なかなか厳格な先生なのですが、説明が論理的で、治療を引き延ばしたりしないという評判なので行ってみると、受付兼歯科衛生士のオネーサンの感じが非常によいのでございます。

楚々とした風情に、ホスピタリティあふれる丁寧な言葉遣い。制服姿に色気を感じさせないのがまことに残念なのでございますが、それも高等テクニックなのでございましょう(なんのこっちゃ)。

ところが、そのオネーサン。いつも先生に叱られているのでございます。

たとえば、私が大口を開けてガリガリやられている真上で、

先生 「○○取って」
衛生士「はい!」
先生 「これじゃない! 私がこれを持っていたら当然△△でしょ!」
衛生士「はい、すみません……」

私自身は非常にイヤな状況に置かれているのですが、こんな会話が頻繁に聞こえてくると思わず腹の中で笑ってしまいます。だけど、OJTを頭上でやられてもな……てな感じ。

このオネーサン、このままトロいままなのか、今後進歩を見せるのか、ちょっと目が離せません。それがイヤな歯科通いのモチベーションにつながる今日この頃なのでございます。

えっ、やっぱり作戦にはまっている?
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-09-13 13:41 | 日常

昨日の正解は

昨日の「ここはどこでしょう」の正解は、
f0081089_17324328.jpg

でした。

地下鉄千代田線湯島駅から徒歩3分ほど。天神下交差点のちょっと脇を入ったところにあります。

元は越後高田藩榊原氏の屋敷だった岩崎邸ですが、戦後GHQに接収され「キヤノン機関」のオフィスとして使われたり、財産税のカタとして国に召し上げられてからは司法研修所としても使われました。
f0081089_17385046.jpg


現存している建物は一部だけで、庭園の敷地もだいぶ狭くなったということです。
それでもすごいけど……。

f0081089_17413418.jpgこれはおまけ画像。
こんなところにもモダンさが感じられます(ホントか?)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-09-09 17:46 | 日常

喧噪と静寂と

f0081089_99245.jpg通りでは自動車がひっきりなしに行き交い、路地裏には二人のお休み処が林立するロケーションをすっと抜けると、そこには青々とした清浄な空気が流れています。
f0081089_992484.jpg





先に進むと、こんなモダンな庭園に面した応接間。
執事が紅茶でも入れてくれそうな雰囲気でございます。
f0081089_994078.jpg







そして別棟に案内されると、そこは一変して和の世界。
静けさとゆとり。物想いにふけるか、心をからっぽにするかは、人それぞれ。
f0081089_995564.jpg





ここは、かつて私の準本拠地にほど近い場所。
近いがゆえに、いつでも行けると、これまで訪れることはありませんでした。
近隣での打ち合わせの前に、ふと思い立って立ち寄った次第。

さて、ここはどこでしょう(って、誰かのパクリっすね)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-09-08 09:26 | 日常

33日ぶり

昨夜、33日ぶりに外で飲んだくれました。

アルコールは毎日摂取しておりましたので、禁酒明けというわけではないのですが、やはり外の空気(?)は新鮮でございました。

だけど、5時間も呑んでると、さすがにあとが辛いっす。33日ぶりの二日酔いであります。

う〜む、わざわざ書くほどのことじゃないね……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-09-03 13:26 |