超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
でんでんむしの@『岬めぐ...
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

晩秋っす

f0081089_1392948.jpg
ここのところ、出張も旅行もなく、季節を感じる機会があまりありません。ま、酒場で「そろそろ牡蠣の季節でしょ」とか口走ることはよくあるんですが……。

そこで用足しついでに寄った大宮公園。しかし、もう紅葉はほとんど終わっていました。残念。
f0081089_1313885.jpg
閑散とした県営球場では「マスターズ甲子園」の予選が行われており、隣のサッカー場ではJ1の「東武野田戦」(なんちゅーネーミングでしょ)にサポーターが続々と参集しています。

どうでもいいけど、どうしてサッカーファンと野球ファンの気質というか雰囲気はあんなに違うのでしょうか。
つまり、試合の何時間も前から「臨戦態勢」のサッカーに対し、野球を見に行く人にはあまり緊張感がありません(私設応援団を除く)。野球のほうが全体的に「ゆるい」のです。これがわかるようでわからない。
わかったから得することもないんですが(笑)。
f0081089_13244375.jpg

[PR]
by bay-hamakujira | 2009-11-29 13:25 | 季節

どうよ?

特定健康診査受診結果通知表より抜粋(昨年→今年)。

氏名 濱鯨
身長  175.8 → 176.2
体重  69.5 → 65.7
腹囲  89.5 → 83.7
BMI  22.5 → 21.2
γ-GTP  49 → 33

ホッホッホ。なかなかのものでございましょ。背も伸びたし(笑)。

しかし、
中性脂肪75 → 157
「高脂血症の疑いあり」だって……。

パーフェクトならず、残念。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-11-25 14:02 | 日常

DNA?

最近、家の晩飯もその日によって一緒に食べるメンツが変わったりします。

今日は久しぶりに、父親(85)、ワタクシ(49)、長男(17)というメンバー。
深い意味はまったくないのですが、たまにこういう殺伐とした組み合わせが現出することがあります。

今夜はワタクシがつくることは既定の事実、というか、当然でございまして、帰りが18時過ぎの予定だったため、すでにメニューは一番簡単なカレー(+サラダ)に決定しておりました。

さて、支度ができて、野郎3人が揃い「いただきます」。

しかし、誰もほとんど喋らず、黙々と食べる。
誰も「うまい」とか「まずい」と言わず、黙々とすべて残さず食べる(これはメニューによらず、いつものこと)。

食べるのは全員速い。ワタクシだけ酒を飲んでいるので(今宵はカレーに焼酎!)、ちと遅れるが追いつく。

濱鯨家の人間は好き嫌いがないのです。だから、作る方としてはラク。
だけど一切感想なし。

これは男三代、共通しているのですね。

レギュラーで作っている者(愚妻その1など)は、さぞかし張り合いがないかと存じますが、まあ仕方ありません。あきらめてください。

こういうのもDNAなんでしょうか……。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-11-21 22:39 | 日常

逢い引き

f0081089_13104643.jpgf0081089_13105984.jpg寒風吹きすさぶ夕暮れ時、幾分肩をすぼめ、家路を急ぐ人々の流れに逆らうように聖橋を北に向かう男と女。

「久しぶり……」と言葉を交わした後、無言のうちに心と心が熱く絡み合う。

「ハラ減った、ビールはまだか」(あれっ?)

てなことで、1年数か月ぶりにこの方合挽き逢い引きっす。

場所は湯島のとあるレストラン(?)。ラーメンからピザ、果てはソフトクリームまである大衆食堂的メニューをもつ不思議なお店で、失礼ながら外見からは美味しそうには思えないのですが、料理はみんなちゃんとしています。

そこで、この方が反応したのが「鯨の竜田揚げ」(写真上)。
学校給食の話題でひとしきり盛り上がります。

どうもおかしい……。

逢い引きのはずが、高校のクラス会のような雰囲気になっちまった。
だいたい、オレの話はどっぷりとオバサンテイストだし……。

早くオトナになりたい(悲)。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-11-14 14:03 |

そんなことでいいんですか?

週末、身の回り品を買いに、春日部駅近くのスーパーへ。

買い物を済ませ、下りのエスカレーターに乗っていると、私の前方には70歳がらみのおじいさんとおそらく小学生の孫娘2人。

「へー、じいちゃんが孫を連れてくるんだ」などと呑気に思っていたら、降りるポイントで4、5年生くらいのお姉ちゃんのほうの靴ひもが、エスカレーターの溝にひっかかってとれなくなってしまいました。

直後にいた私が慌てつつも、そのひもを懸命に引っ張るのですが、どうにも抜けそうにありません。後から人は続いているし、足まで引きずられるような状態になったらおおごと。いずれにしても、早くしないと危険な状況です。

数秒後、躊躇しつつも脇にあった非常停止ボタンを押します。

「ブーー」というブザー音が鳴り響き、エスカレーターは停止。すると、あっさり靴ひもも抜けたのでございます。安堵しつつ神妙な顔で「ありがとうございました」と、お姉ちゃんは私に挨拶してくれました。

とりあえずよかったのですが、問題はそのあと。

そのブザー音、1分以上鳴り響いていたのですが、店員が誰も来ない!
そして、そのおじいさんからも、何の挨拶もない。

孫たちに「店の人を探しに行こう」とか言いながら向こうに行こうとしているので、「じゃあ、店の人への連絡は、もうお任せしていいですね」と後から声をかけると、「はいはい」とか言って行ってしまいました。

今回の論点は2つ。

エスカレーターに巻き込まれる事故が少なからず起こっているのに、警報が鳴っても誰も来ないほど省人化している店舗の体制。

自分では何もせず、ありがとうのひと言も言えない大人の存在。

数日前のことなのに、書いていたらまたむかついてきましたぜ、旦那。

なんか最近、怒ってばかりいるね、オレ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2009-11-10 12:50 | 日常