超地味なフリー編集者兼ライター兼単なる旧来型野球オヤジの身辺雑記
by bay-hamakujira
カテゴリ
日常
野球

にこけん
季節
仕事
メタボ
太田裕美
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
more...
お気に入りブログ
編集者の毎日
自快録
Michikusa
未来はみじん切りのタマネギ
編集王子
旅は靴ずれ世はお酒
濱鯨編集工房日記PART2
リンクさせてもらってます
最新のトラックバック
第二回例会の件
from 旅は靴ずれ世はお酒
「動かない人」事件?
from 旅は靴ずれ世はお酒
ハハのプライド
from 迷子大好き by kazem..
おなかピーのいきさつ
from 迷子大好き by kazem..
第一回「てけてけの会」
from 迷子大好き by kazem..
昔、プロ野球のファンだった
from 迷子大好き by kazem..
2月の桜
from 迷子大好き by kazem..
もやしの怨念
from 迷子大好き by風待ち
つける?つけない?
from 迷子大好き by風待ち
おれはアリゾナに行くよ、..
from かきぶろ――kakit! B..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

何はともあれよかった、よかった

いやぁ、WBCの決勝、テレビを見ていて疲れるほどしびれました。

韓国を破って、どこか安心してしまうのではないかと思っていたのですが、あのキューバをこういう形で撃破してくれるとはうれしい限りです。
だけど、川崎のエラーとか見ていると普段のプレーからしてちょっと信じられないような気がしますが、きっと極限状態の緊張感なんでしょうね。

アメリカのESPNのサイトを覗いたら、「イチロー・スズキと彼の国のあまり有名でない男たちが決勝でキューバを10対6で破った」とか、記事のリードに書かれていました。"Ichiro Suzuki and his less-famous countrymen"ですぜ。記事は好意的みたいだから許すけど、どこかエラそう。「MLBのプレーヤーでもないのに頑張ったね」というようなニュアンスなのでしょうか。

と、難癖をつけても意味ないですね。何はともあれ、よかったよかった。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-21 22:00 | 野球

インチキメルマガ「ハナ僧」の廃刊

ご存知の方も多いかと思いますが、1年半ほど続けてきた非公開の月刊メルマガを終わりにしました。

自己満足の極みで、無理やり送りつけられた方にはご迷惑だったかと思いますが、けっこう自分としては面白い経験でした。それなりに項目建てをして、どういう記事に反応してもらえるのかも大きな楽しみでした。
ただ、「飽きた」というのとはちょっと違うのですが、どうも先の広がりというか展開が望めない気がしたので、ここで一度リセットしたというわけです。

まあ、そんな説明をするほどの真面目なものではないのですが……。

ヤメにしたのは、どうも3月になると何かに区切りをつけたくなる性癖のせいかもしれません。

個人が情報を発信することやその利用メディアについては、もやもやと思うところはあるのですが、よくまとまらないので、いずれまた。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-20 17:33 | 日常

福留孝介と多村仁

いやー、スッキリしましたね。WBCでようやく韓国に快勝。
とはいえ、ここまでの展開は神がかり的。たまにはこういうのもいいでしょう。

よかったのは、ここまで絶不調だった福留の一発で流れが変わったこと。王監督の用兵に疑問符がつくかというところでしたが、いいものを見せてもらいました。

ビミョーだったのは、ホームラン性の当たりを捕られた後、超ファインプレーでレフト線のファウルフライを好捕し、先取点のチャンスでまたもやバントに失敗し、最後に文句なしのホームランを打って締めくくった多村。傍から見れば、1試合の間に少なくとも天国と地獄を2往復しています。こういうのも嫌いじゃありませんが、プロの一流選手でも、心理的なプレッシャーはやはり大きいのでしょう。

春先に、こんなに緊張感のある試合を見たのは多分はじめて。決勝進出は喜ばしいことですが、明後日はまた仕事になりません。どうしましょ。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-19 16:28 | 野球

滅びゆくもの

JRのダイヤ改正で、寝台特急「出雲」が廃止されたという記事が出ていました。
なくなるとわかると、人が殺到するのが世の習い。
人のことはいえませんが、交通博物館しかり、数年前の川崎球場しかり、
最期のときが近づくと、それまでは閑古鳥が鳴いていた場所が急に賑わいます。

けれども、それぞれに、古くなったり、不便になったり、快適でなくなったり、割高になったりといった原因があります。
たいていの人は、新しくて便利で快適で割安なものが好きです。

レトロなものを日常に残すということは、想像以上にむずかしいのだろうなと突然思った次第。
いいとか悪いとかの問題じゃなくてね。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-18 18:33 | 日常

痛飲のち通院

急性アルコール中毒で担ぎ込まれたわけではありません。

昨日は、某誌の「企画会議」に社外メンバーとして出席し、その雑誌の、創刊できてよかったね打ち上げに参加、気分よく痛飲したのでございました。
ところが、帰宅してぐっすり眠っていたところが、明け方、首に激痛!
数日前から兆候はあったのですが、呑んで油断していたところに、ビッグウエーブがきました。
12年前、5年前と過去に2回、この波は私を襲っているのですが、
その正体は「頸椎捻挫」、つまり激しい寝違えです。唾を呑んだだけで激痛が走ります。

整形外科に這うようにしてたどり着くと、レントゲンを撮られた後、太い注射を肩と首筋の間あたりにブスリと3発。けっこう痛いですが、それどころじゃないから大して感じない。
「またなるよ。根を詰めて仕事をしたら、首をぐるぐる回すように」と、ありがたいお言葉をいただき、もうぐったり。次は何年後に来るんでしょうか。

ところで、WBC日本代表、奇跡の準決勝進出であります。
韓国に2度目もやられてがっかりしていただけに、よけいにうれしいものです。
その韓国との準決勝は明後日。よかったけど、また仕事が進まない。まずいな。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-17 20:50 | 日常

懐かしきアナハイム

WBC日本代表の試合がエンジェル・スタジアムで行なわれていますが、いまから7年ほど前、ここを訪れたことがあります。

よく目的のわからない出張に、英語もしゃべれないのに一人で行かされ、自閉症気味の数日間を過ごしたのですが、そこで唯一気合いをこめて行ったのが、この野球場。
ハリウッドのそばに投宿していたのですが、そこからバスでハイウエイを使っても1時間半ほどかかりました。
本家ディズニーランドのすぐそばで、当時のエンジェルスのオーナーはディズニーだったため、外野スタンドに噴水や花火の出るアトラクションみたいな岩山が、いまでも残っています。

その日の試合は、エンジェルス対ホワイトソックス。
だけど、時差ボケもあって、試合内容は全然覚えてないんだよね。
ただ、ビール売りのおばちゃんに年齢を聞かれて、「オレ38だぜ」と言ったら大笑いされたことと、昨年で引退した長谷川滋利がセットアッパーで活躍しており、そろそろ出てきそうなところで、ロサンゼルスに戻らなければならなくなったことだけを覚えています。
この野球ツアーは、日本人客を各ホテルでピックアップして送迎する形だったのですが、7回終了時点で帰らないと、駐車場から外に出るのに1時間以上かかると言われ、泣く泣くバスに戻ったという次第。まあ、足はクルマしかないからしかたないよね。

ところで今日の韓国戦、なんとしてもモノにしてもらいたいものです。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-16 11:28 | 野球

フリーランスの特権?

WBCのメキシコ戦、リアルタイムで全部見ちゃいました。いいでしょ。
平日の朝9時から昼前までほぼ3時間。
机の上にゲラを広げながらですが、こんなことしていていいんでしょうか。

まあ私の場合、野球を見ることも仕事のうち(?)ですので、
広い意味での取材のようなものと、とらえております、なんてね。
お勤めの野球好きのみなさん、ごめんなさいm(_ _)m
日本代表、崖っぷちですばらしい試合でした。

ところで、平日の昼間、スーパーに出没するのもフリーランスならではのことですが、
どうも、長ネギとか大根とか買って帰るときは何となく恥ずかしいのであります。
それはなぜかと考えてみると、昔の割烹着を着たおばさんの買い物かごからはみ出した野菜類を連想するためのようで、論理的には説明不能なのですが、どうも恥ずかしい。
いっそのこと、割烹着を着てスーパーに行ってみますか。
快感だったりして。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-15 18:05 | 日常

タッチアップ

一日遅れの話題ですが、WBCのアメリカ戦での誤審問題。
こりゃ、どうしようもありませんな。
マスコミでもいっぱい批判されていますから、ここで繰り返すこともないのですが、
実にばかばかしい話。

第一、審判が第三国の人ではなく、日本対アメリカの試合を
アメリカ人のマイナーリーグの審判が裁いているということを知って、ちょっと呆然。
親善試合じゃないんだから勘弁してよ、といいたくなります。

だいたい、タッチアップの離塁が早くてアウトになるケースなんて、
ふつう、相当にはっきりとわかるレベル以外はありえないものです。

まあ、草野球と同じで、敵地で相性の悪い審判に当たってしまったと、
割り切るしかないのかも。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-14 16:28 | 野球

カツ丼へのリビドー?

あるとき、突然、カツ丼への欲望がふつふつと芽生えるときがあります。
それも、そば屋のあまりいい肉を使っていない、味の濃いやつです。
場末の化粧の濃い年増みたいなやつ、といったら語弊があるでしょうか。

その欲望のために、神保町から雪が舞う中をフラフラ歩いて、
なんのことはないごく普通のそば屋にこれまたフラフラと入りました。
そばとのセットで750円。そば屋にしてはこれは安いほう。
勤め人時代、本郷のそば屋のカツ丼は単品で1000円でした。大したことないのに結構高い。
1000円出せば、もっといいものが食べられるのに……。

何が私にそうさせるのでしょうか。
気づいたら、そのそば屋の場所は水道橋の駅まで5分という位置でした。相当歩いてます。
自分の行動の意味がよくわからないのですが、カツ丼を食ったということにとりあえず満足。

ささやかな欲望を満たした一日でした。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-13 21:07 | 日常

花粉は飛んでいるか

昨日はポカポカ陽気、今日もそこそこ暖かく、春の色が濃くなってきた気がします。

昨年はすごい量の花粉が飛んだため、花粉症になりかけて(というのも変な表現)、
結局、なったのかならなかったのかわからないまま、シーズンが終わりました。
つまり、今年おかしくならなければ、さし当たって大丈夫というわけです。

昨日、今日と相当な量の花粉が飛んでいると思うのですが、
私にはとくに変化はないので、多分大丈夫なのでしょう。
というか、大丈夫と信じたい、というのが本音であります。
ありゃ、つらそうだもん。
[PR]
by bay-hamakujira | 2006-03-12 18:00 | 季節